Wood Fruitticher社

現場で働く営業担当者の生産性をFileMakerカスタム Appで向上

ビデオを見る

現場で働く営業担当者の仕事効率化

概要

  • 営業情報の自動化およびレポート作成用カスタム Appで営業担当者の生産性と顧客満足を向上

業種

  • 食品卸売業

ソリューション

  • 販売情報の追跡および自動化アプリケーションである"SalesPal"をERPシステムに統合

メリット

  • スプレッドシートからiPadに移行し注文概況を表示して必要な対応を即時に指示 (フォローアップや注文漏れなど)、販売状況を即時視覚化してマネージャに提供、迅速かつ簡単な社内でのカスタム App開発によりROIが向上
Wood Fruitticher

1913年、バーミンガムに設立されたWood Frutticher社

食とテクノロジーの関係が深まるにつれて、食品流通業界では競争力を高められるソリューションを渇望し続けています。そんな中、アラバマ州バーミンガムを拠点に4世代続く食品卸売業を営むWood Fruitticher社は、競争で優位に立つ方法を見つけました。

現場で働く営業担当者の生産性を上げるため、"SalesPal"という名前のFileMakerカスタム Appを開発したのです。"SalesPal"は複数のデバイスを通じて現場のマネージャや営業担当者に、集約した最新の情報をリアルタイムで提供します。

それまでの情報やコミュニケーションは断片的でした。この103年続く老舗企業では、電話やボイスメール、レポート用紙に書き付けたメモ、PDFファイル、スプレッドシートなどの手段による注文管理システムに頼っていました。当初は効率的だったものの、これらの扱いにくいシステムは今では役に立たなくなりました。同社の80人の営業担当者たちは7つの州にまたがる地域で8,000を超える製品を顧客に提供しているのです。

古いシステムを使用していた頃は注文に漏れが生じ、効率的に配送するのは至難の業でした。いったん現場に出ると、営業担当者は顧客の売り上げや利益の最新情報をその場で確認できず、顧客の注文見込みに関する情報を調べて新規の販売機会に活かすこともできませんでした。

これほどの短期間に社内で高機能のカスタム Appを作成できるとは夢にも思っていませんでした。これは私の手柄ではなくFileMakerのおかげです。

— Wood Fruitticher社 ITスペシャリスト Martin Clapp氏
Wood Fruitticher

現場で働く営業担当者は、常に注文概況を確認でき、外出先で注文を編集することもできます。

営業現場をよりスマートに情報化

Wood Fruitticher社が導入した新しいシステム"SalesPal"では情報が一元管理されており、注文や配送、販売実績がすぐに分かるようになっています。”SalesPal"のフォーマットは見やすく使いやすいので、マネージャは各営業担当者の実績と顧客アカウントを動的に監視することができます。年初からの販売数、利益、コミッションなどを詳細に表示して前年度と比較することもできます。これらの数値は、古いシステムでは月に1度または週に1度配布される変更できないPDFレポートでしか参照できませんでした。

今ではマネージャがある地域の営業担当者を選ぶだけで、注文、ルート、販売数、顧客リストなどの詳細を確認することができます。このことは販売数を最大限に伸ばし非効率的な配送システムを最小限に抑えるうえで大いに役立ちます。

「これほどの短期間に社内で高機能のカスタム Appを作成できるとは夢にも思っていませんでした。」とWood Fruitticher社のITスペシャリストであるMartin Clapp氏は話しています。「私はゼロの状態からFileMakerを始めて、2バージョンの"SalesPal"をあっという間に開発しました。これは私の手柄ではなくFileMakerのおかげです。」

新しいカスタム Appの特にすばらしい機能の1つは注文漏れに関するものです。営業担当者には実に頼もしい機能で、顧客のすべての注文を確実に発注してその日の注文の締め切り時間前に確認することができます。

「私たちは1日を通して多数の注文を処理します。うっかりしていると注文を忘れてしまいかねません。」とWood Fruitticher社の営業リーダーの1人であるEmil Anthony氏は言います。「"SalesPal"とFileMakerのおかげですべての注文を正確な状態に保ち、お客様にはずっとご満足いただいています。」

"SalesPal"により注文管理が合理化された上、営業担当者は本社に逐一電話する代わりにカスタム Appから注文数を自分で編集できるようになりました。商品依頼や集計レポートなどの社内フォームの多くで、スプレッドシートをメールで送ったり、専用のWebポータルにログインしたりする必要がなくなりました。これらのフォームがiPhoneやiPadで動作するカスタム Appからも使用できるようになったため、速く提出できるようになった上に正確性も向上しました。また、フォームの保管場所や提出方法についての混乱が減少しました。

「営業担当者からの反応によれば、"SalesPal"の機能のおかげで大幅に時間を節約できた結果、電話や訪問で顧客対応する機会を増やすことができました。」とClapp氏は言います。「さらには、"SalesPal"によって士気が高まり当社のイメージもアップしました。食品業界は今までまったくスマートな業界ではありませんでしたが、当社の現場の営業担当者は我々が現代的で洗練された企業であると示すことができます。」

Wood Fruitticher

Wood Fruitticher社のMartin Clapp氏が作成した”SalesPal”カスタム App

学ぶことを支援

従業員が新しいテクノロジーの採用に抵抗を感じた場合に備えて、Wood Fruitticher社は"SalesPal"を容易に使いこなすための工夫を施しました。従業員は手持ちのデバイスにFileMaker Goアプリをダウンロードして、ユーザ名とパスワードを受け取るとすぐに"SalesPal"を使い始めます。疑問点があったりサポートが必要だったりする場合、従業員はカスタム Appの中で短いビデオチュートリアルを直接見ることができます。このビデオチュートリアルのおかげで、従業員はヘルプデスクに電話をする前にカスタム Appの中で自発的にヘルプを探すようになりました。

Wood Fruitticher

"SalesPal"を使うMartin Clapp氏

顧客満足の向上

"SalesPal"は顧客の満足度も高めました。たとえば、在庫切れの注文商品の情報を表示するとその商品の次回の入荷の購買データをすぐに確認できます。"SalesPal"で納品状況をリアルタイムに確認できるようになったため、購買部門に確認の電話をかける必要が実質的になくなり、購買部門と営業担当者の両方で時間の節約につながりました。まれに注文された製品が調達できない場合がありますが、顧客の連絡先情報を即座に確認できるため、営業担当者は顧客に報告することで素早く問題に対処できます。

「人々は裏で何が起きているか、いつも分かっているわけではありません。」とClapp氏は言います。「カスタム Appの助けがあれば、当社のような企業でも業務改善できました。そうすれば大切なことに専念できるのです。」

ファイルメーカー社へのお問い合わせはこちら

Wood Fruitticher社

FileMaker カスタマ・ストーリー

活用事例を見る