外部 SQL データソースの概要

FileMaker Pro は、SQL データソースにライブ接続することができます。

外部 SQL データソースとの接続機能とは?

外部 SQL データソースとの接続機能は、FileMaker Pro と主要な SQL データソースの間での双方向のライブ接続を確立します。

ライブ接続は使用せずに、SQL データソースとの間でデータをインポートしたり交換されたい場合は、ODBC/JDBC 機能をご利用ください。

どの外部 SQL データソースが、FileMaker 16 とうまく連携すると認められているのですか?

  • MS SQL Server 2016
  • MS SQL Server 2014
  • MS SQL Server 2012 SP1
  • MySQL 5.7.14 Community Edition (無料)
  • Oracle 12c R1
  • Oracle 11g R2
  • IBM i 7.1 (AS/400) (Actual Technologies 製アダプタ経由)*
  • IBM DB2 10.5 (Actual Technologies 製アダプタ経由)*
  • PostgreSQL 9.4.4 (Actual Technologies 製アダプタ経由)*

*FileMaker Cloudではサポートされません。

FileMaker の旧バージョンでお使いいただける外部 SQL データソースのリストは、こちら

ODBC データをインポートする場合、あるいは[レコードのインポート]または[SQLを実行]スクリプトステップを使用する場合は、IBM DB2 または Informix ODBC などのデータソースを追加して使用できます。詳しくはこちら

外部 SQL データソースを使って、何ができるのですか?

  • 以下のデータを含むソリューションを FileMaker Pro で作成できます。
    • 外部 SQL データソース
    • 複数の外部 SQL データソース
    • FileMaker Pro と、1 つまたは複数の外部 SQL データソース
  • ODBC/JDBC に代って、FileMaker Pro にデータをインポートしたり、FileMaker Pro からデータをエクスポートすることができます。
  • FileMaker Pro を外部 SQL データソースのレポートツールとして利用することを可能にさせます。

あなたのニーズに最適な FileMaker 製品を選ぶことができます

FileMaker Pro および FileMaker Pro Advanced

FileMaker Cloud / FileMaker Server

あなたが、FileMaker ユーザーに、SQL データソースからデータを直接読み出したり、SQL データソースにデータを直接書き込んだり、またはその両方をおこなって欲しいときに、役立ちます。

各々のクライアントコンピュータ上に、SQL ソース用 ODBC ドライバが設定されている必要があります。

SQL with FileMaker Pro and FileMaker Pro Advanced

SQL データソースへのアクセスをすべて、1 つの FileMaker Cloud または FileMaker Server を通じておこなわれるようにしたいときに、役立ちます。

一度 ODBC/JDBC ドライバをホストコンピュータ上で設定すれば、すべてのユーザーが、SQL データソースへの接続を共有できます。

SQL with FileMaker ServerSQL with FileMaker Cloud/FileMaker Server

始める前に

  • 適切な動作認定されている ODBC ドライバをインストールしてください。
  • 外部 SQL データソースの IP アドレスやドメイン名をご確認ください。
  • データベース管理者から提供された外部 SQL データソースのユーザー名とパスワードをご確認ください。データベース管理者が提供するアクセス権により、読み書き可能か、読み取り専用かが決定されます。

さまざまな利用事例

販売プロセスの効率化

  • ある大型エンターテイメント企業が、各種製品に関する販売、経費、開発パイプライン、ライセンス情報を追跡できるエグゼクティブ向け iPad ダッシュボードを作成しています。Oracle や SAP をはじめとしたさまざまなデータソースからの情報が、このダッシュボードに集められます。エグゼクティブは、チャートやグラフを見ることも、要約レポートを表示することも、特定のイニシアチブに関するデータを詳しく調べることもできます。また、iPad でもデスクトップコンピュータ上でも情報を見ることができます。

より優れたレポート機能

  • ある企業が、オンラインショップを通じて写真機材を販売しています。ショップからの取引データは、SQL データベースに取り込まれます。しかし、オペレーション部門やマネジメントは、プログラマを必要とすることから、SQL データベースからレポートを手に入れるのに大変苦労しています。FileMaker から SQL データベースに読み出し専用のリンクを張ることにより、会社の従業員に、従業員自身のレポートを作成できる権限を与えることができます。
  • 多くの上司は、報告書を PDF や Excel 形式でEメール経由で受け取る方を希望しています。外部 SQL データソースとの接続機能を使えば、FileMaker Pro や外部 SQL データソースのデータを加工できるので、FileMaker Pro の PDF Maker や Excel Makerの 機能を使って、それらを上司のお望みの形式に変換し、E メールに添付して送信しています。

部門間のワークフローを強化

  • 人事部では、データを SQL データソースに保存していましたが、その処理プロセスを財務部門にリンクさせる必要がありました。外部 SQL データソースとの接続機能を使ったことで、これらのデータにナレッジワーカーがアクセスできるようになり、彼ら自身が、自分達の部門の独自ニーズに応える FileMaker Pro のレポートやソリューションを作成できるようになりました。その結果、競合他社に対する優位性を組織にもたらせつつあります。

よりきめ細かい情報

  • 連邦政府のある部門では、全国的な情報を SQL データソースに、ローカルレベルの情報を全国各地のデータベースに保存しています。外部 SQL データソース機能を使ったことで、ローカルデータベースの情報を全国的なデータベースと結合することができ、詳細にわたる分析が可能となっています。

さまざまなリソース

ESS (ODBC/JDBC) ドライバ

外部 SQL データソースとの接続機能を利用するには、以下の認定されたドライバのどれか一つを使用する必要があります。

Oracle

Windows で Oracle 11g R2 を使う場合: Oracle Database Client バージョン 11g R2
Windows で Oracle 12c R1 を使う場合: Oracle Database Client バージョン 12.1.0.1.0 (32 ビットおよび 64 ビット)
Mac OS X で Oracle 11g R2 または Oracle 12c R1 を使う場合: Actual Technologies, Oracle バージョン 4.1.0(FileMaker Pro および FileMaker Server)

MS SQL Server

Windows で MS SQL Server 2012 SP1
MS SQL Server 2014
MS SQL Server 2016 を使う場合:
MS SQL Server Native Client バージョン 13.1.811.169(32 ビットおよび 64 ビット)
Mac OS X で MS SQL Server 2012 SP1
MS SQL Server 2014
MS SQL Server 2016 を使う場合:
Actual Technologies, MS SQL Server バージョン 4.1.0

MySQL

Windows で MySQL Community Edition 5.7.14 を使う場合: MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver バージョン 5.3.7(32 ビットおよび 64 ビット)
Mac OS X で MySQL Community Edition 5.7.14 を使う場合: Actual Technologies, Open Source Databases バージョン 4.1.0

IBM iSeries Access

Windows で IBM i 7.1 (AS/400) を使う場合: Actual Technologies Adapter バージョン 1.1 と IBM iSeries Access ODBC Driver 13.00.01.00

IBM DB2

Windows で IBM DB2 10.5 を使う場合: Actual Technologies Adapter バージョン 1.1 と IBM DB2 ODBC Driver 10.05.500.107

PostgreSQL

Windows で PostgreSQL 9.4.4 を使う場合: Actual Technologies Adapter バージョン 1.1 と PostgreSQL ODBC Driver (Unicode) 9.03.04.00
Mac OSX で PostgreSQL 9.4.4 を使う場合: Actual Technologies Adapter バージョン 1.1 と Actual Technologies ODBC Driver for Open Source Databases 4.0.0 (PostgreSQL)

FileMaker Pro は 32 ビットおよび 64 ビットの ODBC ドライバをサポートします。

FileMaker Server は 64 ビットの ODBC ドライバをサポートします。

ナレッジベースから検索

SQL データソースに関する一般的な Q&A のリストは、こちら

*外部 SQL データソースの機能は、FileMaker 16、15、14、13、12 および 11 製品でご利用いただけます。

FileMaker をさらに
活用しましょう!

Web セミナーをご覧ください。

さらに詳しく

FileMaker Job Board

FileMaker Job Board

個人の方の就職活動や法人様の採用活動に、無料でご利用いただけます。

Job Board(英語)