FileMaker WebDirect の概要

Web ブラウザでカスタム App を実行できるようになります。

FileMaker WebDirect とは

FileMaker Cloud および FileMaker Server で使用できる FileMaker WebDirect は、FileMaker ベースのカスタム App をすぐに Web ブラウザで直接実行できるようにする革新的な Web テクノロジーです。Web コーディングの必要はありません。

FileMaker WebDirect で何ができますか?

FileMaker WebDirect により、幅広いユーザーがデスクトップ、ノートパソコン、モバイルタブレットまたはスマートフォン上の Web ブラウザを通じて、カスタム App をデスクトップスタイルの操作で使用できるようになります。

Web のユーザーは、追加でソフトウェアをインストール必要はありません。互換性のある Web ブラウザでインターネットやイントラネットにアクセスできれば誰でも、FileMaker WebDirect でカスタム App に接続し、レコードの表示や編集、ソート、検索を行えます。

FileMaker WebDirect の仕組み

FileMaker WebDirect は Web ブラウザで実行され、下記の標準的な Web テクノロジーを利用します。

デスクトップ上のブラウザは、Safari・Chrome・Internet Explorer・Microsoft Edge を、モバイルブラウザは、Safari・Chrome をサポートします。

FileMaker WebDirect でカスタム App にアクセス

インターネットまたはイントラネット上でアプリケーションを公開する場合、ホストコンピュータで FileMaker Cloud または FileMaker Server を実行し、共有するカスタム App を開いておく必要があります。「ユーザライセンス」を使用してクライアント (FileMaker Pro Advanced、FileMaker Go、および FileMaker WebDirect) から FileMaker Cloud または FileMaker Server に接続できます。「ユーザライセンス」は、Admin Console または FileMaker Store で購入できます。

次のステップに沿って、Web ブラウザでアクセスできるカスタム App を作成することができます:

リソース

ドキュメンテーションとノート