ActiveX オートメーションを使用したスクリプト作成(Windows)
多くの Windows アプリケーションでは、ActiveX オートメーションプロトコルを使用して、外部コントロールにアプリケーションのオブジェクトモデルを渡します。
FileMaker Pro でサポートされている ActiveX オートメーションを使用して、FileMaker Pro データベースファイルの開閉、アプリケーションの表示/非表示の切り替え、または FileMaker Pro スクリプトの実行を行うことができます。
FileMaker Pro はオートメーションサーバーです。オートメーション処理のために FileMaker Pro から渡されるオブジェクトには、Visual Basic やその他のプログラムツールなど、ActiveX クライアント、およびオートメーションコントローラからアクセスすることができます。
FileMaker Pro での ActiveX オートメーションの主な利点は、FileMaker Pro アプリケーションの外部から FileMaker Pro スクリプトを実行できるという点です。
たとえば、FileMaker Pro ActiveX オートメーションと Visual Basic を使用して、独自のインターフェースを持つアプリケーションを作成し、複数のアプリケーションを使用して、作業を行うことができます。たとえば、Visual Basic で、「本日の売上データ取得」というボタンを持つウインドウを定義します。「本日の売上データ取得」で使用される手順では、FileMaker Pro ファイルが開かれ、FileMaker Pro スクリプトが呼び出されて、その日の売上データすべてが検索されてエクスポートされます。その後、オートメーション手順により Excel が起動し、エクスポートされたデータがグラフ化されます。
メモ  FileMaker Pro を ActiveX オートメーションを使用して実行するには、Visual Basic や C++ などのプログラミング言語に精通している必要があります。
ActiveX オートメーションの詳細については、https://filemaker-jp.custhelp.com から利用可能な、FileMaker ナレッジベースを検索してください。