Get ( レイアウトテーブル名 )
 
目的 
現在のレイアウトにレコードを表示しているテーブルの名前を返します。
構文 
Get ( レイアウトテーブル名 )
引数 
なし
戻り値のデータタイプ 
テキスト
起点 
FileMaker Pro 7.0
説明 
ウインドウが開いていない場合、空の文字列が返されます。
メモ  ホストとクライアントでの関数の評価方法の違いに関する詳細は、FileMaker ナレッジベースを検索してください。これは https://filemaker-jp.custhelp.com で入手できます。
 
「教員」レイアウトと「コーチ」レイアウトという2つのレイアウトがあり、それぞれに対応する「教員」および「コーチ」という名前のテーブルがあります。Get ( レイアウトテーブル名 ) 非保存計算は、現在のレイアウトが「教員」レイアウトの場合は「教員」を返し、現在のレイアウトが「コーチ」レイアウトの場合は「コーチ」を返します。
関連項目 
関数リファレンス(種類順)
関数リファレンス(名前順)
計算式について
関数について
計算フィールドの定義
計算式での演算子の使い方