Get ( スクリーン高さ )
 
目的 
現在開いているファイルのウインドウの縦方向の画面のピクセル数を返します。
構文 
Get ( スクリーン高さ )
引数 
なし
戻り値のデータタイプ 
数字
起点 
FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン
説明 
ウインドウが複数の画面に渡っている場合は、そのウインドウの最も大きな割合を占めている画面が使用されます。現在のデータベースファイルで複数のウインドウが開いている場合、スクリーン高さの値は各ウインドウで異なる可能性がありますが、一番手前のウインドウの結果のみが返されます。
メモ  ホストとクライアントでの関数の評価方法の違いに関する詳細は、FileMaker ナレッジベースを検索してください。これは https://filemaker-jp.custhelp.com で入手できます。
 
画面の解像度が 640 x 480 に設定されている場合、「480」を返します。
関連項目 
関数リファレンス(種類順)
関数リファレンス(名前順)
計算式について
関数について
計算フィールドの定義
計算式での演算子の使い方