Get ( トリガターゲットパネル )
 
目的 
OnPanelSwitch スクリプトトリガが起動された場合の移動先のタブパネルまたはスライドパネル(切り替え先のパネル)のインデックス番号およびオブジェクト名を返します。
構文 
Get ( トリガターゲットパネル )
引数 
なし
戻り値のデータタイプ 
テキスト
起点 
FileMaker Pro 12.0
説明 
Get ( トリガ現在のパネル ) 関数と共に使用します。OnPanelSwitchスクリプトトリガによってトリガされたスクリプトの実行時に1から始まるインデックスの値を返し、タブパネルまたはスライドパネルに割り当てられたオブジェクト名を返します。パネルが無効な場合、または Get ( トリガターゲットパネル ) が OnPanelSwitch スクリプトトリガと共に使用されていない場合は「0」を返します。
GetValue 関数を使用して、Get (トリガターゲットパネル) によって返されたインデックス値から使用する値を抽出できます。
メモ  ホストとクライアントでの関数の評価方法の違いに関する詳細は、FileMaker ナレッジベースを検索してください。これは https://filemaker-jp.custhelp.com で入手できます。
 
移動先のタブパネルまたはスライドパネルが、番号 2 であり「製品」という名前の場合、Get ( トリガターゲットパネル ) は次を返します。
2
製品
関連項目 
関数リファレンス(種類順)
関数リファレンス(名前順)
計算式について
関数について
計算フィールドの定義
計算式での演算子の使い方