Web ビューアの設定
 
目的 
指定の Web ビューアを制御します。
参照 
構文 
Web ビューアの設定 [オブジェクト名:“<オブジェクト名>"; 処理:<処理>]
オプション 
 •
[オブジェクト名] は、操作する Web ビューアの名前です。オブジェクト名を割り当てるには、レイアウトモードで [表示] メニューから [インスペクタ] を選択し、名前を入力します。[位置] をクリックし、オブジェクト名を入力します。
 •
[処理:] で、次のいずれかを選択します。
 •
[リセット] は、名前の付いた Web ビューアを元の指定された Web アドレスにリセットします。また、この操作によって、Web ビューアの [戻る] または [次へ] の履歴を消去します。
 •
[再読み込み] は、Web ビューアが表示している Web ページを再読み込みします。
 •
[進む] は、Web ブラウザでするのと同じように、1ページ進みます。
 •
[戻る ] は、Web ブラウザでするのと同じように、1ページ戻ります。
 •
[URL へ移動...] は、Web ビューアでロードするための新しい Web アドレスを指定します。新しい Web アドレスは、[Web ビューアの設定] の[URL へ移動] のオプションで指定する計算です。このスクリプトステップでは、Web ビューアがインタラクションを容認するかどうか、進行状況バーまたはステータスメッセージを表示するかどうか、検索モードで内容を表示するかどうか、または自動的に URL をエンコードするかどうかを変更することはできません。レイアウトモードに Web ビューアを追加、または変更したときにだけこれらのオプションを設定できます。
互換性 
 
スクリプトステップを実行する場所 
サポート 
FileMaker Pro 
はい 
FileMaker Server スクリプトスケジュール 
いいえ 
FileMaker Go 
はい 
カスタム Web 公開 
いいえ 
FileMaker WebDirect 
一部 
Runtime ソリューション 
はい 
起点 
FileMaker Pro 8.5
説明 
 •
オブジェクト名を指定するには、オブジェクト名ボックスに名前を入力するか、または [指定...] をクリックして、計算式を作成します。
[URL へ移動] の操作を選択した場合:
 •
 •
data:[<mediatype>][;base64],<data>
これには、次の構文が適用されます:
dataurl = "data:"[ mediatype ] [ ";base64" ] "," data
mediatype = [ type "/" subtype ] *( ";" parameter )
data = *urlchar
parameter = attribute "=" value
「データ URL スキーム」の詳細については、Web を参照してください。
 •
 •
FileMaker WebDirect では、[進む] と [戻る] オプションはサポートされていません。
例1 
「製品 Web サイト」という名前の Web ビューアを元の指定された Web アドレスにリセットします。
Web ビューアの設定 [オブジェクト名:"製品 Web サイト"; 処理:リセット]
例2 
FileMaker, Inc. のホームページを「製品 Web サイト」Web ビューアに表示します。
Web ビューアの設定 [オブジェクト名:"製品 Web サイト"; URL:"//www.filemaker.com/jp"]
例3 
「製品 Web サイト」Web ビューアの「Web サイト」フィールドに入力された URL を表示します。
Web ビューアの設定 [オブジェクト名:"製品 Web サイト"; URL:製品::Web サイト]
例4 
データ URL スキームを使用して WV2 という名前の Web ビューアで小さいアイコンを表示します。
Web ビューアの設定 [オブジェクト名:"WV2"; 処理:"data:image/gif;base64,R0lGODlhFwAMAKEAAL+/v///AAAAUwAAACH5BAEAAAAALAAAAAAXAAwAAAI7hBGHapHcXJKPumizpigI+QliSH0XIjokWJ6oB4+qt0Zmaqpjesxz7st1YD8ZEbhJajAuDgfSYTx60wIAOw=="]
関連項目 
スクリプトステップリファレンス(名前順)
スクリプトステップリファレンス(種類順)
レイアウト上での Web ビューアの使用
オブジェクトの名前付け