URL を開く
 
目的 
ユーザが URL を開くことができます。
参照 
構文 
URL を開く [ダイアログなし; <URL>]
オプション 
 •
[ダイアログなしで実行] オプションを選択すると、このスクリプトを実行したときに [[URL を開く] のオプション] ダイアログボックスが表示されなくなります。
 •
[URL] では、URL を入力するか、計算式から URL を作成できます。
互換性 
 
スクリプトステップを実行する場所 
サポート 
FileMaker Pro 
はい 
FileMaker Server スクリプトスケジュール 
いいえ 
FileMaker Go 
はい 
カスタム Web 公開 
いいえ 
FileMaker WebDirect 
一部 
Runtime ソリューション 
はい 
起点 
FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン
説明 
[URL を開く] は、http、https、ldap、ldaps、ftp、file、および mailto の URL タイプをサポートし、各 URL タイプにオペレーティングシステムに登録されたアプリケーションを使用します。たとえば、URL が http で始まる場合は、ユーザの Web ブラウザを起動して URL を処理します。
指定した URL にスペースまたはその他の特殊文字が含まれる場合、その文字を有効な URL で対応するエンコード値で置き換えます。たとえば、「@」は「%40」で置き換えられます。
メモ  FileMaker WebDirect は、「file://」プロトコルをサポートしません。
例1 
ユーザの Web ブラウザが開かれ、FileMaker のホームページが表示されます。
URL を開く [ダイアログなし; "//www.filemaker.com/jp"
例2 
Windows のメモ帳が起動され、ユーザのハードディスクのルートレベルにあるファイル「My_File.txt」が開かれます。
URL を開く [ダイアログなし; "file://c:/My_File.txt"]
例3 
デフォルトの電子メールアプリケーションが起動されて、新規メッセージが開き、「電子メール」フィールド内の値がメッセージの宛先として使用されます。
URL を開く [ダイアログなし; "mailto:" & 顧客::電子メール]
例4 
別のシステム上で実行している共有 FileMaker Pro ファイルを開きます。
URL を開く [ダイアログなし; "fmp://アカウント:パスワード@ホスト/データベース"]
# 「アカウント」は FileMaker Pro アカウント名、「パスワード」はアカウントのパスワードです。「ホスト」はファイルが存在するコンピュータの DNS エントリ、IPv4 アドレス、または IPv6 アドレスで、「データベース」は FileMaker Pro ファイル名です。
重要  [URL を開く] スクリプトステップに入力されているアカウント名とパスワードの情報は、スクリプト編集アクセス権を持つユーザには表示されてしまうため安全ではありません。
関連項目 
スクリプトステップリファレンス(名前順)
スクリプトステップリファレンス(種類順)