ソリューションの作成 > プラグインの使用
 
プラグインの使用
FileMaker Pro および FileMaker Pro Advanced での計算に慣れている C または C++ のプログラマは、FileMaker Pro の機能セットを拡張するプラグインを作成できます。
このセクションでは次の方法を説明します。
プラグインを作成してユーザが利用できるようにします。
ソリューションファイルにプラグインをインストールします。
ソリューションファイルをセットアップして、プラグインのバージョン情報を確認し、必要に応じて自動的にプラグインを更新します。
メモ  Windows では、32 ビットまたは 64 ビットアプリケーションとして FileMaker Pro を展開できます。OS X では、FileMaker Pro は 64 ビットアプリケーションとしてのみ実行されます。これは、1 つのアーキテクチャのみをサポートするプラグインとの互換性に影響する場合があります。互換性がない FileMaker Pro とプラグインを組み合わせて使用すると、予期しない動作が発生する場合や、FileMaker Pro の動作が停止する場合があります。プラグインが 32 ビットと 64 ビットのいずれかまたは両方をサポートしているかを確認するには、プラグインの開発者に問い合わせてください。Windows での 32 ビットまたは 64 ビット FileMaker Pro への切り替え、または互換性がないプラグインの無効化については、https://filemaker-jp.custhelp.com で FileMaker ナレッジベースを参照してください。