作業を自動化するためのスクリプトの作成 > Apple events でのスクリプト作成 (OS X)
 
Apple events でのスクリプト作成 (OS X)
Apple events を使用して、多数の OS X アプリケーションの自動化、カスタマイズ、および制御を行うことができます。FileMaker Pro では、Apple events 対応のアプリケーションに Apple events を送信することができます。また、Apple events を送信するように設計されたアプリケーションから Apple events を受信することもできます。
Apple events は「用語集」という形でグループ化されています。FileMaker Pro でサポートされている用語集は次のとおりです。
Required 用語集
Core、Table、Database の各用語集の一部
FileMaker Pro 用語集
オブジェクト モデル (Object Model)
URL 用語集の一部
Apple events を FileMaker Pro から他のアプリケーションに送信するには、スクリプトを定義してから Event を送信 スクリプトステップまたは AppleScript を実行 (OS X) を使用します。
FileMaker Pro と互換性のある Apple events の一覧を表示するには、AppleScript エディタなどのスクリプトエディタで FileMaker Pro Apple events 用語説明を開きます。
メモ
fmscriptdisabled 拡張アクセス権を使用して、他のアプリケーションによる FileMaker スクリプトの実行を防ぐことができます。アクセス権セットの拡張アクセス権の編集を参照してください。
Apple events の詳細については、https://filemaker-jp.custhelp.com から利用可能な、FileMaker ナレッジベースを検索してください。