一般設定の設定 : ODBC/JDBC 経由の共有の有効化
 
ODBC/JDBC 経由の共有の有効化
メモ  次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server は、他のアプリケーション (スプレッドシート、ワードプロセッサー、およびレポートツール) に対して ODBC/JDBC を経由してデータをホストすることができます。ユーザは、ホストされている FileMaker データベース内のデータを表示、分析、および修正することができます。データをホストするには、この機能を FileMaker Server Admin Console 内で有効にし、FileMaker Pro を使用して共有する各データベース内で ODBC/JDBC を経由した共有を有効にする必要があります。
ODBC および JDBC 経由での FileMaker データベースの共有を参照してください。
ODBC/JDBC を経由した共有を無効にするには、次の操作を行います。
1. [一般設定] > [ODBC/JDBC] タブをクリックします。
2. [ODBC/JDBCを有効にする] を選択します。
3. [保存] をクリックします。
メモ
この機能を有効にすると、クライアントが ODBC および JDBC を経由して FileMaker Server をデータソースとして使用できます。ODBC を経由して外部 SQL データソースにアクセスする FileMaker Pro データベースをホストするためにこの ODBC/JDBC データソース機能を有効にする必要はありません。外部 ODBC データソースへのアクセスを参照してください。
他のアプリケーションが FileMaker Server サーバ上でホストされている FileMaker データにアクセスするには、ODBC および JDBC クライアントドライバがそれらのアプリケーションを実行しているコンピュータ上にインストールされている必要があります。クライアントドライバのインストーラは、インストールディスクイメージの xDBC フォルダおよび FileMaker ダウンロードページ (//www.filemaker.com/jp/support/downloads) から入手できます。
FileMaker Pro を使用して、共有する各データベースで ODBC/JDBC 共有を有効にする必要があります。ODBC/JDBC を経由した共有の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
ODBC および JDBC クライアントドライバのインストールの詳細については、『FileMaker ODBC と JDBC ガイド』を参照してください。
FileMaker ソフトウェアでサポートされている SQL ステートメントの詳細については、『FileMaker SQL リファレンスガイド』を参照してください。
関連項目 
データベースファイルの手動によるアップロード
データベースサーバーのセキュリティ設定
サーバー情報の設定