FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用 : 外部 ODBC データソースへのアクセス
 
外部 ODBC データソースへのアクセス
メモ  次の情報は、サーバー管理者向けです。
外部 ODBC データソース内のデータと情報交換する FileMaker Pro データベースをホストするには、ODBC クライアントドライバを FileMaker Pro データベースがアクセスする ODBC データソース用に構成する必要があります。たとえば、データベースが Oracle データベースからレコードにアクセスする場合は Oracle クライアントドライバを設定する必要があります。
メモ  ODBC クライアントドライバは FileMaker Server 展開上のマスタマシン上にインストールして設定する必要があります。
FileMaker Pro クライアントまたは Web 公開セッションがホストされた FileMaker Pro データベースに接続すると、FileMaker Server はクライアントの代わりとして外部 ODBC データソース内のデータにアクセスします。したがって、FileMaker Server に接続しているクライアントは外部データソースとは直接情報交換をせず、ODBC クライアントドライバをインストールして設定する必要はありません。FileMaker Server 展開上のマスタマシンのみに ODBC クライアントドライバが必要です。
外部データソースにアクセスする FileMaker Pro データベースの指定の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
ODBC クライアントドライバを設定して DSN を FileMaker Server 上にセットアップする方法
データソースとの情報交換、パスワードの提供、およびクエリーを実行して結果を表示する方法は、それぞれのアプリケーションのクライアントドライバによって異なります。また、データソースの設定も ODBC クライアントドライバの製造元によって異なる場合があります。
サポートされるデータソースおよび ODBC クライアントドライバの詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
データソースを設定するための一般的なガイドラインとして、次の手順に従ってください。詳細については、各データソースアプリケーションに付属のマニュアルを参照してください。
DSN の設定 (Windows)
1. Windows コントロールパネルで [管理ツール] > [データソース (ODBC)] を開きます。
[スタート] メニューがある Windows バージョンでは、[管理ツール] は [システムとセキュリティ] カテゴリに表示されます。
[スタート] 画面がある Windows バージョンでは、[管理ツール] は、[設定] ボタンをクリックして表示される [チャーム] メニューにあります。
2. [ODBC データソースアドミニストレーター] の [システム DSN] タブをクリックします。
データソースが一覧に表示される場合、ドライバはすでに設定されています。残りの手順を省略して、ODBC データにアクセスするか、データソースを選択して [設定] をクリックして、データソースの操作方法を変更することができます。
システム DSN は、コンピュータにログインするすべてのユーザが利用できます。ユーザ DSN は、ログインしている場合にのみ利用できます。
重要  FileMaker Pro リレーションシップグラフの ODBC テーブルを使用して作業する FileMaker Pro データベースでは、システム DSN のみがサポートされています。
3. [追加...] をクリックして、データソースのドライバを設定します。
コンピュータにインストールされている ODBC クライアントドライバがすべて一覧表示されます。
FileMaker Server は複数のサードパーティドライバをサポートします。サポートされているドライバの詳細については、//www.filemaker.com/jp/support/ を参照してください。
新しいドライバをインストールするには、ドライバのインストールプログラムを使用します。
4. ホストされている FileMaker Pro データベースがアクセスするように指定されているデータソース用のドライバを選択して、[完了] をクリックします。
セットアップダイアログボックスが表示されます。
5. [データソース名] に FileMaker Pro データベースが接続するように指定されている同一の DSN を入力します。
重要  ここに入力する名前は、FileMaker Pro 内で使用するように指定されている DSN と同一である必要があります。ホストする各データベースによって使用される各 DSN に対して、一致する DSN を FileMaker Server マスタマシン上で設定する必要があります。
多くのドライバでは、データソースへのアクセス方法をカスタマイズするためのオプションも提供されています (特定のデータソースファイルを指定するなど)。
6. [OK] をクリックします。
DSN の設定 (OS X)
この手順では、Actual Technologies の ODBC マネージャがインストールされていることを前提とします。ODBC マネージャは FileMaker によるサポート対象外のフリーウェアで、http://www.odbcmanager.net から入手できます。
1. ODBC マネージャユーティリティを起動します (ODBC マネージャは「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにインストールされます)。
2. ODBC マネージャで [システム DSN] タブをクリックします。
データソースが一覧に表示される場合、ドライバはすでに設定されています。残りの手順を省略して、ODBC データにアクセスするか、データソースを選択して [設定] をクリックして、データソースの操作方法を変更することができます。
システム DSN (データソース名) は、コンピュータにログインするすべてのユーザが利用できます。ユーザ DSN は、ログインしている場合にのみ利用できます。
重要  FileMaker Pro リレーションシップグラフの ODBC テーブルを使用して作業する FileMaker Pro データベースでは、システム DSN のみがサポートされています。
3. [追加...] をクリックして、データソースのドライバを設定します。
コンピュータにインストールされている ODBC クライアントドライバがすべて一覧表示されます。
FileMaker Server は複数のサードパーティドライバをサポートします。サポートされているドライバの詳細については、//www.filemaker.com/jp/support/ を参照してください。
新しいドライバをインストールするには、ドライバのインストールプログラムを使用します。
4. ホストされている FileMaker Pro データベースがアクセスするように指定されているデータソース用のドライバを選択して、[完了] をクリックします。
セットアップダイアログボックスが表示されます。
5. [データソース名] に FileMaker Pro データベースが接続するように指定されている同一のデータソース名を入力します。
重要  ここに入力するデータソース名は、FileMaker Pro 内で使用するように指定されているデータベース名と同一である必要があります。ホストする各データベースによって使用されるそれぞれのデータソース名に対して、FileMaker Server マスタマシン上で一致するデータソース名を設定する必要があります。
多くのドライバでは、データソースへのアクセス方法をカスタマイズするためのオプションも提供されています (特定のデータソースファイルを指定するなど)。
6. [OK] をクリックします。
関連項目 
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用