『FileMakerカスタム App利用状況調査2017』でビジネスプロセスを改善するシチズンデベロッパーの姿が明らかに

82%のユーザがカスタム Appの活用で非効率的なタスクの軽減を実感

2017年1月25日 – ファイルメーカー株式会社(東京都港区)は本日、『FileMaker カスタム App 利用状況調査 2017』を発表しました。この報告書は、カスタム Appを作成することで直面しているビジネス課題を解決し、仕事に対する満足感を高めているシチズンデベロッパー (一般人開発者) の実態を調査した結果をまとめたものです。北米、日本、および欧州において、FileMakerユーザのシチズンデベロッパー数百名を対象とした調査に基づいています。

この報告書から、シチズンデベロッパーがより優れた成果を引き出すためにカスタム Appをどのように使用しているかを伺い知ることができます。調査対象者は自身をITプロフェッショナルとは考えておらず、専任のカスタム App開発者ではないと回答しています。

調査報告書のダウンロードはこちら:FileMaker カスタム App 利用状況調査 2017

主な調査結果:

  • シチズンデベロッパーは積極的な問題解決者です
    • 83%がより効率的に作業ができる環境を整えたかったと回答
    • 48%が職場での満足感の向上を実感
  • カスタム Appは短期間で開発でき、多様なビジネス課題を解決することができます
    • 82%が非効率的なタスクの軽減を実感
    • 46%のカスタム Appが4週間未満で稼動開始
  • カスタム Appはあらゆる規模の企業で作成され、活用されています
    • 25%が大企業 (従業員1000名以上)
    • 23%が中企業 (従業員100~999名)
    • 52%が小企業 (従業員5~99名)

FileMaker, Inc.のワールドワイドマーケティング担当バイスプレジデントであるAnn Monroe (アン・モンロー) は次のように述べています。「シチズンデベロッパーはカスタム Appを使用してビジネス上の問題を日々解決し、業務への取り組み方を変えています。当社製品がその一翼を担っていることを誇りに思います。」

 



ファイルメーカー社について
ファイルメーカー社は、iPad、iPhone、Windows、Mac、Web のすべてにわたってシームレスに動作するカスタム App を簡単に作成するためのシンプルでパワフルなソフトウェアを提供します。多くのビジネスチームが業務プロセスを効率化するために FileMaker プラットフォームを活用し、チーム全体の生産性を向上させています。米国本社の FileMaker, Inc. はApple Inc.の子会社です。日本法人のファイルメーカー株式会社は FileMaker, Inc. の子会社です。

この件に関する報道関係者以外の一般の方のための情報提供/お問い合わせ先:
FileMaker法人営業窓口:
ファイルメーカー株式会社 www.filemaker.com/jp
TEL : 0120 - 983 -878
受付時間 10:00 - 17:30 (祝日を除く月曜日から金曜日)