FileMaker カンファレンス 2018

FileMaker カンファレンス 2018 は終了しました。
FileMaker ワークショップ

ワークショップとミーティング

ワークショップとミーティングは、事前登録制ではありません。当日の開始時間に会場に直接お越しください。

FileMaker ワークショップ

FBA メンバー主催によって全国各地で実施されている FileMaker ワークショップを体験できる絶好の機会です。エキスパートのファシリテーターの進行により、1 時間のディスカッション形式で学べます。

ミーティング

ミーティングの企画者が決めたテーマでおこなわれるイベントです。日頃 FileMaker 業界で活躍の FBA メンバーの多彩な視点でテーマが決められ、実施されます。


日付 | 時間
FileMaker ワークショップ
すべて開く | すべて閉じる
7
13:40 -
14:40
ワークショップ
WSM-1初級 中級
見積にFileMaker プラットフォームを活用しよう!

株式会社コーメーカー 代表取締役 兵藤 達哉 氏

FileMaker プラットフォームは、新規の売り込みのためのデモ作成や受注してからの仕事の進め方に大いに役立ちます。
弊社の仕事の進め方を基準に話を進めます。すなわち、データフローダイアグラムの作成、ERDの作成、データベースの管理でテーブル、フィールド、TOの作成、レイアウトモデル作成、をおこない、顧客と合意をしていきます。
顧客の話はシステム屋にとって理解しにくい話もあり、それをFileMaker プラットフォームを使って出来るだけ顧客との思いを近づけていきます。
その時に、FileMaker プラットフォームはコミュニケーションのツールとしてとても有用だということを示していきたいと考えています。

    このセッションで学べること
  • 見積など、仕事の進め方の一つの提案
  • FileMaker プラットフォームの使い方として、"実はこのようなところに利用できる"ということのヒント
  • 顧客とSEとのコミュニケーション、SEとプログラマのコミュニケーションの円滑化のヒント
  • 仕様書作成に関するヒント
    こんな方におすすめ
  • システム構築にあたり、仕事の進め方に悩んでいる人
  • 見積の仕方に悩んでいる人
  • これからの若者の仕事のあり方について考えている人
  • 働き方改革に興味を持っている人
7
15:00 -
16:00
ワークショップ
WSM-2初級 中級
FileMaker Data API を活用してTableauのデータ分析にチャレンジしよう

株式会社ワークスペース 代表取締役 岡田 匡 氏

FileMaker 16 プラットフォーム から搭載された FileMaker Data API 連携を体感しましょう。当ワークショップでは、ハンズオン形式でFileMaker プラットフォームで作成された カスタム App に蓄積したデータをTableauで分析する方法について体感したのち、Webシステムと FileMaker Data API の連携を紐解いて、FileMaker Data API の構造について把握します。
全編に渡り初心者・初級者でもわかりやすい丁寧な解説を行います。Tableauを使って カスタム App に蓄積されたデータの分析が手軽にできることを体感していただけます。

    このセッションで学べること
  • FileMaker Data API の基礎
  • Tableauの基礎的な知識と操作
  • Webシステムと FileMaker Data API を連携する方法
    こんな方におすすめ
  • FileMaker Data API に興味を持つ方
  • Tableau の活用に興味を持つ方
  • Webシステムと FileMaker Data API の連携を考えている方
  • そもそも FileMaker Data API について学びたい方
7
16:30 -
17:30
ワークショップ
WSM-3初級 中級 上級
FileMaker プラットフォーム にSalesforce やkintone などクラウドデータ連携機能を拡張

CData Software Japan 合同会社 テクニカルディレクター 桑島 義行 氏

FileMaker プラットフォーム でSalesforce やkintone、Googleスプレッドシートのデータを呼び出して、データを連携できるアプリが作れたら?こんな希望を簡単に実現するCData ODBC Drivers。CData では、100を超えるSaaS、NoSQL DB に接続できるODBC Drivers を提供しています。このセッションでは、FileMaker プラットフォーム からCData ODBC Driver 経由でAPI コーディングなしで、Salesforce やkintone にリアルタイム連携する方法をデモします。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォーム でマルチクラウドアプリケーションと連携する意義
  • 連携アプリのパターン
  • API コーディング不要のCData ODBC Drivers 概要
  • Salesforce、kintone、Googleスプレッドシートへの FileMaker プラットフォーム からの接続方法
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォーム とSaaS 製品を併用している方
  • SaaS 利用者で、FileMaker プラットフォーム での連携サブアプリを検討されている方
  • FileMaker プラットフォーム 導入パートナーでSaaS 連携案件がある方
8
11:20 -
12:20
ワークショップ
WSM-5初級 中級
レイアウトデザインから始めるアプリケーション作成の薦め

株式会社DBPowers 代表取締役 有賀 啓之 氏

株式会社DBPowers 情報デザイン チーフシステムデザイナー 西野 真樹 氏

株式会社DBPowers 情報デザイン システムデザイン 中岡 ひふみ 氏

レイアウトを使って「ユーザと対話(ヒアリング)」し、レイアウトのデザインを進めながら、「システムの要件定義」を確立していき、「システム構築(カスタム App作成)」にいたる手法をこのワークショップで共有します。
この手法は、ユーザの要望が都度レイアウト上に具体的に落とし込まれ、ユーザにとっても開発者にとっても明快になり、開発プロセスの最初から最後までを効率的かつ効果的に進行するテクニックとなります。

    このセッションで学べること
  • プロトタイピングの実践
  • レイアウトデザインから始めるメリット
  • ユーザー満足度の向上と開発の接点
  • コストコントロールの境界線
  • 役割分担とシステム開発
    こんな方におすすめ
  • 社内でシステム開発を担当している方
  • FileMaker プラットフォーム採用のメリットを探している方
  • 開発サイドからユーザー満足度の向上に困難を感じている方
  • これから FileMaker プラットフォームで開発を進めようとしている方
8
14:00 -
15:00
ワークショップ
WSM-6初級 中級
レイアウト作成が効率よくなったV17で、実用的なレイアウト作成を体験してみよう

株式会社イエスウィキャン

V17では、レイアウトモードが一新されたり、現在の対象レコードを表示できるポータルの作成や、グループ化されたオブジェクトの修正作業が楽になるなど、レイアウト作成が効率化されています。ワークショップでは、これらの機能を体験しながら、実際に実用的なレイアウトの作成を考えてみたいと思います。

-リストと詳細を兼ね備えたレイアウトの作成
-便利になったグループ化
-アドオンテーブルで、メモを追加

8
15:30 -
17:00
ミーティング
WSM-7初級 中級 上級
FileMaker キャンパスプログラム年次会議2018

FileMaker キャンパスプログラムの活動報告をおこないます。キャンパスプログラムにご興味のある方、ご参加ください。学生の発表もあります。
FileMaker キャンパスプログラムの詳細は、こちら

9
11:20 -
12:20
ワークショップ
WSM-10中級 上級
FileMaker Pro Advanced とMicrosoft Graph API(Outlook)を連携しよう!

株式会社フルーデンス 開発部 代表取締役 小巻 旭洋 氏

FileMaker Pro Advanced の「URLから挿入」でMicrosoft Graph APIを利用し、Outlookを操作する手順を紹介します。
今回のワークショップでAPIの使い方を理解できれば、Microsoftだけではなく様々なサービスのAPIを利用することができます。

    このセッションで学べること
  • APIを活用する方法
  • 「URLから挿入」の使い方
  • 「URLから挿入」のcURLオプションの使い方
    こんな方におすすめ
  • API連携をしたい方
9
14:00 -
15:00
ミーティング
WSM-11初級
FileMaker プラットフォーム で働き方改革を実現するために必要なこと

株式会社イエスウィキャン

「働き方改革」

みなさまの会社では、働き方改革についてどのような取り組みが行われていますか?
なにをどうすればいいか、悩んでいる方も多いでしょう。
働き方改革を実現した企業は、全体の10%と言われています。

業務をもっと楽に・効率化するために、FileMaker プラットフォーム をどう活用すればよいでしょうか?

今回のミーティングで、みなさまが抱えている課題をクリアにしましょう。
そして、同じ悩みを抱えている方と意見やアイディアを共有しましょう。
新たな気づきや働き方改革を実現するためのヒントを発見できるかもしれません。

また、弊社クラウドサービス「勤怠交通費精算システム」を用いて、業務効率化の一例や開発実績のご紹介もいたします。

    このセッションで学べること
  • 働き方改革のヒント
  • FileMaker プラットフォーム による業務効率化のポイントと実例
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォーム でなにができるか知りたい方
  • FileMaker プラットフォーム の導入を検討している方
  • 現在お使いのシステムにお悩みを抱えている方
  • 働き方改革に興味がある方
FileMaker カンファレンス 2018 は終了しました。
ページトップに戻る