チュートリアル 101:

基本

チュートリアル 101: レッスン 1

サンプル App を使ってビジネスを効率的に

FileMaker プラットフォームで行えることを学ぶ

FileMaker Pro Advanced にはたくさんのサンプル App が収録されています。これらを使ってみると、自身のカスタム App 作成のアイデアを得られます。サンプル App はよくあるビジネスの課題に焦点をあて、FileMaker Pro Advanced 、FileMaker Go 、FileMaker WebDirect で利用できるように最適化されています。

サンプル App はすぐに使い始めることができます。FileMaker プラットフォームの体験や、カスタム App のアイデアを得るための実験など、自由にカスタマイズしてご利用ください。

サンプル App がどのような構造で作られているかを学ぶことで、アイデアと着想が得られます。このビデオでは、3 種類のサンプル App を確認します。オブジェクトフィールド、グラフ、電子メール送信、バーコードのスキャンなどの強力な機能について学びます。ユーザが FileMaker のカスタム App を操作する方法については、このチュートリアルの次のレッスンで詳しく学びます。

これが重要な理由は?

サンプル App から機能の使い方のアイデアが得られます。そしてさらに掘り下げて、自分のカスタム App の構築方法まで学べます。

ビデオ 1

サンプル App の活用

3 つのサンプル App とそれぞれの主な機能についてのツアー

今回のコンセプト:

  • 請求書: ダッシュボード、グラフ、製品詳細の確認
  • コンテンツ管理: イメージやビデオ、ファイルの表示と保存
  • 資産: iPad、iPhone ユーザでも利用できる資産管理

関連リソース