チュートリアル 204:

サーバーで共有

チュートリアル 204: レッスン 2

FileMaker Server での SSL 設定

FileMaker Server での SSL 設定

FileMaker Server を利用するひとつの利点は、サーバーとユーザ間で安全な接続が提供されることです。SSL 証明書(SSL = Secure Socket Layer)を FileMaker Server にインストールすると、ユーザとサーバー間で送受信されるデータをハッカーから保護することができます。

SSL の仕組みに詳しくなくても、常にその恩恵をうけているはずです。Web サイトの URL が http ではなく、https で始まっていれば、その Web サイトは SSL 証明書を持っており、ユーザとのやりとりは保護されています。

このレッスンでは、まず FileMaker Server ソフトウェアをサーバーマシンにインストールする方法をご覧いただきます。残りの二つのビデオでは、利用可能な数種類の SSL 証明書について学び、SSL 証明書の選択、購入、そして FileMaker Server にインストールする方法をご覧いただきます。

これが重要な理由は?

  • データへの攻撃は日増しに激しくなっています。そのため、カスタム App をユーザと共有するときは、利用可能なあらゆる対策をもってデータを保護する必要があります。

ビデオ 1

FileMaker Server のインストール

ビデオのインストールプロセスを参照し、自身のインストール時にチェックすべき設定項目を学びます。

視聴時間: 約 3 分

このビデオで学ぶこと:

  • インストールの準備: ライセンスキーの用意と、サーバーのいくつかの設定を確認します (0:13)
  • FileMaker Server のインストール: インストールウィザードで、管理者の資格情報を選択します (1:02)

ビデオ 2

SSL 証明書の概要

SSL 証明書について学ぶことで、自身のサーバーにどれを購入すべきかがわかります。

視聴時間: 約 4 分

このビデオで学ぶこと:

  • SSLとは: SSL が複数の方法でデータを保護することを確認します
  • 証明書の種類: 購入する SSL 証明書の種類とレベルについて学びます

ビデオ 3

SSL 証明書のインストール

FileMaker Server ソフトウェアへの SSL 証明書のインストール方法と、カスタム App の保護について確認します。

視聴時間: 約 5 分

このビデオで学ぶこと:

  • 証明書署名リクエストの生成: この書類によって認証ベンダーへサーバーの情報を伝えます
  • SSL 証明書の購入: 信頼できるベンダーで証明書を選択し、購入します
  • 証明書のインポート: FileMaker Server へ証明書をインポートし、プロセスを完了します

関連リソース