お申し込み

FileMaker Road Show 2019 大阪開催

FileMaker Road Show 2019 大阪開催は終了しました。

セッション ― すべてのセッション ― 6月3日(月) ― 6月4日(火) ― 事例 トラック ― ジェネラル トラック ― ハンズオン トラック ― メディカル トラック ― スペシャル イベント ― ランチョン セミナー ― イノベーターからビジネスの改善方法を学びたい ― クラウドで展開し活用する方法を学びたい ― iPad や iPhone などのモバイルのビジネス活用法を知りたい ― ビジネスを改善するためのツールの使い方を学びたい ― 複数の製品やサービスとの連携や可能性を知りたい ― 医療業界のイノベーターの導入事例を知りたい ― ライブ中継されるセッションを見る ― これから始める方、始めたばかりの方向け ― 開発経験のある方向け

日付 | 時間
セッション | トラック
すべて開く | すべて閉じる
3
10:30 -
12:00
スペシャル
S-1初級 中級 上級
オープニングセッション

ファイルメーカー株式会社 チーフ アドミニストレイティブ オフィサーおよびファイルメーカー株式会社 社長 ビル・エプリング(Bill Epling)

ファイルメーカー株式会社社長ビル・エプリングによるビジネスアップデートに続き、FileMaker プラットフォームのテクニカルアップデートや ファイルメーカー社が注目する技術について、デモンストレーションを交えてご紹介します。オープニング セッションでは、FileMaker 社の守秘義務情報を含むデモンストレーションがおこなわれる場合があります。参加者は、会場でお伝えする FileMaker 社からの本セッションへの参加条件に従うものとなります。あらかじめご了承ください。

3
12:30 -
13:30
ランチョン
L-1初級 中級 上級
「製造業だからこそ、物足りないくらいがちょうどいいシステム開発」のご紹介

株式会社バルーンヘルプ 代表取締役 浜地 直美 氏

株式会社バルーンヘルプ 宮本 和也 氏

「システム化したいがどこから手を付けたらいいのか分からない」というお悩みはありませんか?このセッションでは、「製造業のシステム化」を例に、業務が多岐にわたる会社でもスモールスタートでシステム化を成功できることをお話しいたします。
製造業でシステム化を考えるときは、一般的な「工程管理」「販売管理」「在庫管理」以外にも、「生産管理」「原材料管理」など多くの業務があるため、「何から始めたらいいか分からず、手が止まってしまう」という声もよく聞きます。そのようなときに参考にできる、手書きの紙も残しつつシステム化を進めている事例をご紹介いたします。

    このセッションで学べること
  • システム導入の始め方
    こんな方におすすめ
  • システムを導入したい方
  • 現在使用しているシステムの今後の展開を検討している方
  • システム化に行き詰っている方
  • FileMaker プラットフォーム を社内の業務改善ツールとして提案したい方
3
12:30 -
13:30
ランチョン
L-2初級 中級 上級
知りたかった!クラウド(AWS)の活用で FileMaker プラットフォーム の世界を広げる 2nd Edition

株式会社ジェネコム 代表取締役 高岡 幸生 氏

FileMaker Pro Advanced や FileMaker Pro による カスタム App の運用では「クラウド」への展開が増加しています。
FileMaker プラットフォーム と クラウドを組み合わせた時にどれだけの可能性が広がるのか、APN(AWS パートナーネットワーク)メンバーであり、かつ、FileMaker プラットフォーム 導入実績 3,000プロジェクト以上のジェネコムが、実際のクラウド活用事例や活用方法をご紹介します!
合わせて、FileMaker ボリュームライセンスをどのように購入すればお得なのか、FileMaker ボリュームライセンスのトップリセラーならではの視点で解説いたします。
参加されるみなさまには、今、気になっていることをこのセッションで解消していただける機会になればと存じます。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォーム と クラウドを組み合わせた活用事例
  • FileMaker プラットフォーム の垣根を超えた素晴らしいクラウド活用方法
  • サーバマシンをクラウド環境に移行した場合のメリット・デメリット
  • FileMaker ボリュームライセンスの最適な契約形態とお得な購入方法
    こんな方におすすめ
  • サーバマシンの環境をクラウドとオンプレミスのどちらにするか検討中の方
  • クラウドを利用した最新の活用事例を知りたい方
  • クラウドのセキュリティに疑問をお持ちの方
  • FileMaker ボリュームライセンスの購入を検討されている方
  • FileMaker ボリュームライセンスの契約形態や買い方を迷われている方
3
14:00 -
14:05
メディカル
M-1初級 中級 上級
JSUMMITS開会のご挨拶
3
14:00 -
15:00
事例
C-1初級 中級 上級
ダメもとで FileMaker プラットフォーム を導入したら、IoTソリューションまで導入することになった理由(Season1)

堀技研工業株式会社 代表取締役 堀 章彦 氏

株式会社イエスウィキャン システムコーディネーター 梅田 紗耶 氏

株式会社イエスウィキャン 代表取締役 有城 博昭 氏

8年前に部品表管理に他社製品を導入したがうまくいっていなかった。そこで他のプラットフォームでの導入を検討していたところ部品表だけでなく見積の提案、さらには経理を除く段階的なFileMaker プラットフォーム を利用した基幹システム導入の提案を受けた。まずは試しに(また失敗してもリスクは少ない)と判断し、見積・部品管理を発注。紆余曲折はいろいろとあったが、4年後には基幹システムが稼働、その後拡張を続けている。2018年後半から FileMaker プラットフォーム を利用したIoTセンサーを使った製品提供を模索中。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォーム を初めて導入するにあたっての注意点
  • FileMaker開発ベンダー(FBA)に発注やその後の長い付き合いをする際の注意点やポイント
  • IoTセンサー導入の理由とその活用方法
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォーム 導入を検討中の方
  • FileMaker プラットフォーム の開発ベンダー(FBA)への仕事の依頼方法、付き合い方を知りたい方
  • (FileMaker プラットフォーム の開発ベンダーの方々へ)開発ベンダーに依頼するにあたってお客様の考え方の例を知りたいと思っている方
  • IoTセンサーの導入を検討中の方
3
14:00 -
15:00
スペシャル
S-2初級 中級 上級
Workplace Innovation Platform(ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム)〜 FileMaker の新しいカテゴリー

ファイルメーカー株式会社 マーケティング部 シニアマネージャー 荒地 暁

これまで FileMaker はパーソナルデータベース、デスクトップデータベース・ソフトウェア、生産性向上アプリケーション、RDBMS、高速アプリケーション開発ツール、ローコード・ノーコード開発プラットフォームなど、機能の追加や規模の拡張につれて、様々なカテゴリーを変遷してきました。

当社ではこのたび FileMaker の位置付けを次のように再定義し、「Workplace Innovation Platform(ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム)」という新たなカテゴリーに分類することにしました。

  • ファイルメーカー社は、数人から数百人のチームに適した FileMaker プラットフォームを提供します。
  • FileMaker プラットフォームは、アプライアンス App(特定の機能や用途に特化した App )や全社システムでは解決できない、型にはまった仕事のやり方を改革しようとするチームの人々を支援します。
  • FileMaker プラットフォームではあらゆる人が強力で高度なテクノロジーを活用できます。
  • 各組織固有の問題がたとえビジネスに合わせて変化しても迅速に解決できます。

このセッションでは、「Workplace Innovation Platform(ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム)」について詳しくご説明します。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォームのポジショニング
  • 新しいカテゴリー Workplace Innovation
  • ファイルメーカー社の方向性
3
14:05 -
14:45
メディカル
M-2初級 中級 上級
海外展開で見えた電子カルテの機能と課題

株式会社エムシス 代表取締役 秋山 幸久 氏

Cell Reborn LLC / Cell Revise 宮川 広之 氏

カンボジアにて日本人医師が開業した KENCLINCでも、2015年よりANNYYS_Developer版は導入されています。当初は完全な日本式仕様をカンボジアで運用していましたが、その過程でいくつかの課題が出てきました。FileMaker プラットフォーム で構築されたANNYYS_Developer版は、現場で発生した課題に柔軟に対応することができていますが、保険診療が当たり前ではない海外では「電子カルテ」のあり方も課題として見えてきており、これらの解決はソリューションを開発する上で一般的に重要な要素ではないかとも思えます。
進化するFileMaker プラットフォームでどのように問題を解決しているかなど、開発者目線で現地カンボジアの社会事情背景とあわせて本事例を紹介致します。

3
15:00 -
15:30
メディカル
M-3初級 中級 上級
FileMaker プラットフォーム で使う医療支援システム - あらゆる業務でユーザの希望を実現したい -

国立病院機構大阪医療センター 岡垣 篤彦 氏

様々な病院で使用されている病院情報システムは大規模な統合システムであるために、現実の業務では不足の点が多々存在する。これら不足分を補うためには FileMaker プラットフォーム を使用するのが非常に有効であるが、既存のシステムとの役割分担を調整するのが難しく、かえって使い難いシステムとなってしまったり、セキュリティーや保守の上で問題が生じる可能性もある。国立病院機構大阪医療センターでは病院情報システムの不足部分を FileMaker プラットフォーム で補う形で使用している。今回はファイルメ−カー社の広報ムービーでも紹介されている外来予約システムを含め、最近実装したいくつかのシステムをこのような視点で紹介する。

「連携医療機関のインターネット外来予約、災害時の電子診療記録として威力を発揮する FileMaker プラットフォーム」

3
15:20 -
16:20
事例
C-2初級 中級 上級
FileMaker プラットフォーム を活用したスマート工場へのチャレンジ

岐阜車体工業株式会社 工場技術部 担当員 冨田 紀良 氏

製造業においての課題である、作業内容の教育期間短縮が必要であった。従来の紙のマニュアル(要領書)では マニュアルの作成・教育に時間がかかっていたが、FileMaker プラットフォーム と iPadで解決。県という枠組み(岐阜県IoTコンソーシアム)においても、FileMaker プラットフォーム は、製造業での課題解決に有効である為、W/Gのリーダーとして活動中。現在取り組んでいるのは、IoTセンサー(LPWA)との連携や、ハンズフリー操作(音声認識)との連携による活用。

3
15:20 -
16:20
ジェネラル
G-1初級
FileMaker プラットフォームの紹介(はじめての FileMaker カスタム App 作成)

ファイルメーカー株式会社 法人営業部 マネージャー 森本 和明

FileMaker プラットフォームを初めて利用される方や、これから始めようと考えている方に、FileMaker プラットフォームを利用した カスタム App の基本的な作成方法を実際の操作画面で説明しながらわかりやすくご紹介します。仕事の現場で大事なデータが紙や表計算ソフトウェアに散在していてお困りではありませんか?Excelデータを FileMaker Pro Advanced にインポートするだけで、チームで即座に共有し、モバイル端末でも活用できるようになるデモをご覧にいれます。業務を効率化する カスタム App を作成するための一歩を踏み出してみませんか?

    このセッションで学べること
  • FileMaker 製品の知識
  • カスタム App 作成の基礎
  • iPhone、iPad で動くアプリの作り方
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォームをこれから始める方
  • FileMaker プラットフォームを知らない方
  • 自社独自のシステムを導入したい方
  • 自社独自の iOS アプリを導入したい方
3
15:45 -
16:15
メディカル
M-4初級 中級 上級
地域医療連携システム,情報共有と働き方改革への挑戦

医療法人社団 高翔会 北星記念病院 髙橋 明 氏

DBPowers 代表取締役 有賀 啓之 氏

以前よりFileMaker Pro Advanced/FileMaker Pro を使用した地域医療連携システムDASCH Proをご紹介させていただいています。時間経過と共にDASCH Proは徐々に成長し続けています。今回はDASCH Proの現在までの成長の結果とその効果について説明させていただきたいと思います。情報共有による効果は医療・医療経営に貢献すると共に、医療スタッフの働き方改革にも寄与するものとして効果が出始めています。その効果について報告をしたいと思います。また、最近の新機能についてDBPowersより解説していただきます。

3
16:30 -
17:00
メディカル
M-5初級 中級 上級
医学系共用試験OSCEにおける電子成績管理システムの有用性

国立大学法人 滋賀医科大学 医学部医学科 臨床教育講座 准教授 医学博士 辻 喜久 氏

医学教育では、臨床実習前に模擬患者やシミュレーターを用いてOSCE(Objective Structured Clinical Examination)という臨床技能、態度の評価を行うことが求められ、これにパスしないと臨床実習に参加できず非常に重要なものである。OSCEの成績は旧来紙媒体で入力・管理されてきたが、時間を制限して臨床技能を評価しなければいけないために、評価の記述漏れのリスクがあり、試験関係者を悩ませてきた。実際の試験では、漏れを防ぐために少なくない人数の職員を配置し確認作業などに追われ、試験の円滑な実施の妨げであった。また、成績は試験終了後に公的機関にEXCELにまとめて提出しなければならず、その入力作業も膨大で大変な負担であった。そこで、本学では、成績管理システムをiPad上の FileMaker Go で利用できるようにし、(1)FileMaker Go にてチェック機能が利用でき、(2)FileMaker Go から速やかにサーバーへ成績データが集約できるようにした。その結果、実際に入力漏れが0件になっただけではなく、成績入力漏れのチェックやデータの収集のために要した人員を別業務に移行させることが可能となり、円滑でかつより低コストな試験実施が可能となった。

    このセッションで学べること
  • 人が行なってきた作業を整理し、FileMaker カスタム App に肩代わりさせることの有用性
  • データの集計など負担の多い業務こそ FileMaker プラットフォームとの親和性が高い事
  • システムや電子媒体に疎い人間でも、受け入れやすいレイアウトと操作性
  • FileMaker プラットフォーム を用いることで合理的な価格で成績管理システムが構築できること
    こんな方におすすめ
  • 公的機関にて、気密性の高いデータを扱う作業のシステム化を検討されている方
  • OSCE試験など、技能評価に関する成績管理システムの構築を検討されている方
  • 人的資源に限りがある職場で、負担の軽減につながるようなシステムの構築を考えておられる方
3
16:40 -
17:40
事例
C-3初級 中級 上級
10年以上もの期間、毎年の変更要件に対応し続ける高等学校運営システム

神港学園高等学校 情報システム 学年主任 前田 洋平 氏

パットシステムソリューションズ有限会社 代表取締役 中村 孝仁 氏

授業の出席管理から成績管理はもちろん進学/就職に必要な書類なども発行できるシステムの概要とこの10年の運営環境の変化および現在の運営などをご紹介いたします。一部、開発者向けのポイントなどもお話しいたします。

    このセッションで学べること
  • システム保守運用に必要な業務
  • 開発者向けのポイント(データベースモデリング/分離モデル)
  • 運営に使っているハードウエアスペック
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォーム の導入を検討しているエンドユーザ
  • 10名以上のユーザーをターゲットにしたシステムを開発しようとしている開発者
  • 永く運営をするためのポイント
3
16:40 -
17:40
ジェネラル
G-2初級 中級
これだけ押さえれば大丈夫! FileMaker プラットフォームのネットワーク共有

株式会社イエスウィキャン システムアドミニストレーター 部長 増冨 由到 氏

FileMaker Pro Advanced や FileMaker Pro で作成した カスタム App を「せっかくだからみんなでネットワーク共有しよう。」というような話になり、ある日突然開発されている方が、そのままネットワーク共有担当者に。。。というような話をよく耳にします。
本セッションでは

  • どのような方法でネットワーク共有するか?
  • 運用時の注意点は?

といったポイントを中心に押さえておかなければならない点をお伝えします。

    このセッションで学べること
  • データのネットワーク共有パターン
  • 運用方法
  • 気をつける点
  • セキュリティ
    こんな方におすすめ
  • 開発のみで運用をおこなったことがない方
  • FileMaker Server や FileMaker Cloud を触ったことがない方
  • 実際に運用しているが、ポイントを抑えたい方
3
17:15 -
17:55
メディカル
M-6初級 中級 上級
iPhoneを使用した院内IT改革

ファイルメーカー株式会社 法人営業部

PHSの停波に伴い、iPhoneの導入や、医療従事者の働き方改革の取り組みとして、病院でのIT化が進んでいます。セキュリティに特化したiOSならではの現場コミュニケーションツールや、電子カルテ、ナースコールとの連携など多岐にわたるソリューションをご紹介いたします。また、既にiPhoneを導入されて、改革に取り組む国内病院事例もご紹介いたします。

3
18:00 -
19:00
ジェネラル
G-3初級 中級
データモデリングの大切なポイント

パットシステムソリューションズ有限会社 代表取締役 中村 孝仁 氏

カスタム App を運用する中でレイアウト変更は、比較的簡単に対応できますが、テーブルの変更はどうでしょうか?また、リレーションシップグラフ、スクリプトまで影響が出て、おもったより対応の工数が膨れてきていませんか?このセッションでは、データベースアプリケーションとして、FileMaker プラットフォーム を考える大切なポイントを解説したいと思います。ご興味のある方は、本セッションをよりよく理解していただくために FileMaker Web セミナー 録画済み 公開セッション 「20分で学ぶデータモデリング集中講座」の事前のご視聴をおすすめいたします。

「20分で学ぶデータモデリング集中講座」

3
18:00 -
19:00
ジェネラル
G-4初級 中級
初めてでも怖くない!スクリプトのきほんのきからはじめてみよう

株式会社バルーンヘルプ システム開発部 佐藤 快陽 氏

このセッションでは以下のような悩みをもたれている方に最適なセッションとなっています。

  • スクリプト?難しそうと敬遠している初心者の方
  • 簡単なスクリプトは組めるようになったもののここからどうすれば?とお悩みの初級~中級者の方
  • 変数?Loop?基本的な使い方を学びたいとお考えの方

FileMaker プラットフォーム の カスタム App を作成する上で、スクリプトは大変便利な武器になります。本セッションではスクリプトの基本的な考え方、よく使うスクリプトステップや関数などについて皆様と一緒に学ぶ1時間をなっております。

    このセッションで学べること
  • スクリプトとは
  • スクリプトの基本的な考え方
  • 変数の基本
  • よく使うスクリプトステップ
  • Loopの使い方
    こんな方におすすめ
  • 初めてスクリプトに挑戦する
  • 変数の使い方がよくわからない
  • スクリプトは組んだことがあるけれど、なかなか思い通りの処理ができず悩んでいる
  • よく使うスクリプトステップを覚えたい
3
18:10 -
18:50
メディカル
M-7初級 中級 上級
病診連携のGIS分析の一例

都立広尾病院 山本 康仁 氏

病院が林立する大都市圏において、診療所訪問など顔の見える連携は病院の生き残りをかけた戦略であり、速やかで質の高い返書の作成も求められる。今回、電子カルテシステムと医事会計システム両方と FileMaker プラットフォーム を連携し病診連携分析システムを構築した。これは電子カルテからの使用を想定しており、さらにクローズドな電子カルテネットワーク内に地図サーバーを構築したうえで、javascriptを用いたGIS(地理的情報システム)としたので報告する。

3
18:50 -
19:00
メディカル
M-8初級 中級 上級
JSUMMITS 閉会のご挨拶
4
10:00 -
11:00
ジェネラル
G-5初級 中級
インターフェースを見直して カスタム App 活用を促進させよう

合同会社イボルブ 代表社員 八木 省一郎 氏

FileMaker カスタム App は、日々利用されデータを蓄積することで効果が発揮されます。毎日使うものだけに、見やすい画面、使いやすい画面が必要です。またこれらの要素が足りないと、使うことに対するストレスや情報が正しく入力されないなど、トラブルになります。開発者の意図した通りに使用されるためにはユーザーインターフェースは重要な要素の一つです。
自由度の高いユーザーインターフェースを作成することができる FileMaker プラットフォーム は、他のアプリよりもより洗練されたユーザーインターフェースを構築する事が可能です。
実際の納品事例を元に、ユーザーインターフェース構築のコツやテクニックをご紹介いたします。

    このセッションで学べること
  • UI/UXの設計や考え方
  • データベース活用を促進させるUI
4
10:00 -
11:00
スペシャル
S-3初級 中級 上級
新しい FileMaker 18 プラットフォーム の新機能紹介

ファイルメーカー株式会社 法人営業部 セールスエンジニア 小林 ひとみ

このセッションでは、2019年5月23日に発売されたばかりの新しい FileMaker 18 プラットフォーム の最新機能を紹介します。現在Workplace Innovation Platformにて世界トップクラスであると評価されている FileMaker プラットフォーム。「作成」「共有」「統合」とさらに細分化したカテゴリに対して、最新バージョンではどのような機能の提供を行ったのかを、説明だけでなく簡単なデモを交えて、ご紹介します。
開発者にとってよりわかりやすいように、管理しやすいように再設計されたUIなど、このセッションでご確認ください。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォーム 最新バージョンの新機能概要
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォーム の最新バージョンの情報収集を行いたい人
  • FileMaker プラットフォーム のアップグレードを検討している人
4
10:00 -
13:15
ハンズオン
満席 H-1初級
iPad と FileMaker を利用した業務システム作成体験初心者向けセミナー

ファイルメーカー株式会社 法人営業部 セールスエンジニア

iOSデバイスでも利用できる カスタム App の作成を検討されている方や、FileMaker プラットフォームとの組み合わせでどのようなことができるか知りたい方などを対象として、FileMaker プラットフォーム と iPad で業務改善の様々なシーンを体験し、実際に FileMaker プラットフォーム をつかって iPad 向け業務システム作成を体験いただくハンズオン形式のセミナーです。

4
11:20 -
12:20
ジェネラル
G-6中級 上級
運用中の カスタム App を効率的にバージョンアップする方法

パットシステムソリューションズ有限会社 特別顧問 河村 将博 氏

カスタム App を運用中にバージョンアップしようとして困ったことはありませんか?たとえば、

  • しっかりテストが出来ていない状態でユーザーが新機能を利用して不具合が発生した。。。
  • テスト用に作成したデータを一部削除し忘れてしまい、混乱を招いた。。。
  • 手元でしっかりとテストをした後に、最新データを取りこむ際にデータの欠落が生まれてしまった。。。
  • 全てのデータをインポートするために時間がかかり、運用をストップさせてしまった。。。

「分離モデル」という手法を用いて、これらの問題を解決します。

    このセッションで学べること
  • 「分離モデル」という概念を通して、レイアウト&スクリプトのファイルとデータのファイルを分割して開発する方法
  • 「分離モデル」を採用することによって生まれる利用者のメリット
  • 「分離モデル」を採用することによって生まれる開発者・運用管理者のメリット
  • 「分離モデル」で開発する際の留意点
    こんな方におすすめ
  • 開発者であり運用管理者である方
  • バージョンアップ時の「ドキドキハラハラ」を「ウキウキワクワク」に変えたい方
4
11:20 -
12:20
ジェネラル
G-7中級 上級
FileMaker プラットフォームにおけるシステム障害への備え、障害時の対応

株式会社ジュッポーワークス ソリューション開発部 取締役部長 永井 求 氏

FileMaker カスタム App の作成後の運用について、特に障害時への備え、および障害時の対応にフォーカスしたセッションとなります。

    セッションで予定しているサブテーマ
  • FileMaker Server での カスタム App の展開
  • FileMaker Server 17 のバックアップ機能
  • 運用環境の冗長化(クラスタリング)
  • 障害時におけるデータファイルの復旧
  • 修復と FileMaker data migration tool
    このセッションで学べること
  • FileMaker Server の環境構築
  • Cloud 環境の冗長構成
  • ファイルの復旧手順
  • FileMaker data migration tool の利用方法
    こんな方におすすめ
  • 運用管理部門、担当者
  • 中、大規模カスタム App の運用を検討している人
4
12:40 -
13:40
ランチョン
L-3初級 中級 上級
FileMaker Cloud と商談管理システムの技術ノウハウを伝授

株式会社寿商会 本社 代表取締役社長 若林 孝 氏

株式会社寿商会 名古屋事務所 開発マネージャー 加藤 謙一 氏

第一部は FileMaker Cloud を利用する上での技術情報やノウハウを惜しみなく伝授。
第二部は FileMaker プラットフォーム におけるデータベース構造の学習用に商談管理システムを公開予定です。プロが本気で作ったテーブル、フィールド、リレーションシップ、スクリプト、レイアウトなどすべての設定情報を見ることが出来ます。このファイルを見て学習するときのポイントを解説します。

    このセッションで学べること
  • FileMaker Cloud の詳しい情報
  • FileMaker プラットフォーム で開発する時の基本ルール
    こんな方におすすめ
  • FileMaker Cloud を導入したい
  • FileMaker プラットフォーム を使った開発の基本となるテクニックや作法を知りたい
  • FileMaker プラットフォーム を使った開発力をアップさせたい
  • FileMaker プラットフォーム による開発を分担、引き継ぎしたい
4
12:40 -
13:40
ランチョン
L-4初級 中級 上級
いまさら聞けない、FileMaker プラットフォーム とクラウド ~入門編~

株式会社イエスウィキャン システムコーディネーター 降籏 龍太郎 氏

株式会社イエスウィキャン システムコーディネーター 加藤 将弘 氏

普段の業務で見直したい・改善したいことはございませんか?FileMaker プラットフォーム を使うことでどのような業務が改善できるのかを簡単な例を用いてご紹介させて頂きます。また、クラウドを利用することで更に効率的に業務を改善できるようになってきました。導入としてクラウドの利用方法、費用、セキュリティなどの基本的なことからお話させて頂きます。本セッションは、FileMaker プラットフォーム で何ができるのか?クラウドとどう関係するの?といった疑問を解決するきっかけを得ることができればと考えています。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォーム で解決できる業務例
  • クラウドの基礎知識
  • クラウドのセキュリティ
  • オンプレミスとクラウドの比較
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォーム の導入を検討している方
  • クラウドについて復習したい方
  • クラウドを検討している方
  • 働き方改革に取り組んでいる方
4
14:00 -
15:00
事例
C-4初級 中級 上級
基幹業務を FileMaker プラットフォーム で内製化!さらにTableauとの連携で蓄積データを資産にかえる。

信州ハム株式会社 経営企画部(兼)社長室 執行役員 経営企画部長 小口 昇 氏

株式会社信州ハム・サービス 開発本部 取締役 本部長 土屋 光弘 氏

信州ハム株式会社 生産管理部 係長 織部 航 氏

生産現場の「見える化」を目的として、FileMaker プラットフォーム で新生産管理システムを内製化にて構築しました。
導入後約3年が経過。その間現場からの要請により開発されたあらたな カスタム App も含め開発の経緯を紹介します。
また新たな試みとして、新生産管理システム+Tableauにより、受注から生産、そして出荷までの情報を集約し、あらゆる分析もできる経営戦略システムも紹介します。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォーム で基幹システムを内製化
  • プロジェクト成功への鍵
  • 内製化 カスタム App 導入後の発展と他システムとの連携
  • BIツールとしてTableauを選択した理由と導入成果
    こんな方におすすめ
  • 業務アプリケーションのシステム開発内製化を検討しているユーザ企業の方
  • FileMaker プラットフォーム とBIツールを使ったデータ分析を検討しているユーザー企業の方
4
14:00 -
15:00
ジェネラル
G-8初級 中級
情報保護の勘所。はじめてでも押さえておきたい最低限のセキュリティ

i Home Care for you株式会社 FMDセンター 深澤 真吾 氏

誰でもレイアウトモードに入れるファイルをお使いではありませんか? カスタム App に入力された大切な情報を守ることはあなたとあなたの会社を守ることにつながります。アカウントとアクセス権セットをはじめとした FileMaker 製品のセキュリティを基礎から習得しましょう。沢山のアカウントを管理する際のベストプラクティスも紹介いたします。

    このセッションで学べること
  • FileMaker 製品のセキュリティ
  • アカウントとアクセス権セット
  • フィールド・ファイルの暗号化と復号
  • アカウント管理
  • 端末認証
    こんな方におすすめ
  • Ctrl(Command) + L を押したらレイアウトモードに切り替わった方
  • 知らないうちに「フィールドx」が増えていた経験のある方
  • 作ったファイルをそのまま使っている方
  • セキュリティについて考えたい方
  • 沢山のアカウントの管理に悩んでいる方
4
14:00 -
17:15
ハンズオン
満席 H-2初級
iPad と FileMaker を利用した業務システム作成体験初心者向けセミナー

ファイルメーカー株式会社 法人営業部 セールスエンジニア

iOSデバイスでも利用できる カスタム App の作成を検討されている方や、FileMaker プラットフォームとの組み合わせでどのようなことができるか知りたい方などを対象として、FileMaker プラットフォーム と iPad で業務改善の様々なシーンを体験し、実際に FileMaker プラットフォーム をつかって iPad 向け業務システム作成を体験いただくハンズオン形式のセミナーです。

4
15:30 -
16:30
事例
C-5初級 中級 上級
カスタム App の活用による不動産管理物件の見える化への取り組み

協同建設株式会社 代表取締役 北本 和志 氏

トップオフィスシステム株式会社 代表取締役 池田 栄司 氏

協同建設株式会社様は大阪府北摂地域を中心に地元密着で展開され、建設業と不動産管理業をされています。
自社施工を中心に打合せ・商談・施工はもちろんアフターサービスを重視されています。
一方で社内ではExcelを中心に作成された資料を必要に応じて再作成したり、紙の書類が多く、各部署との連携はもちろん、情報の共有がなかなか進まない状況でした。
FileMaker プラットフォーム を使った カスタム App を導入することで、必要な情報を一元管理し、かつ、GoogleMapを活用することで管理物件の見える化を図り、地域の特性を把握すると共に、社内の業務改善はもちろん、施主(顧客)とのコミュニケーションを取る時間も増えるなど、業界から注目されています。
点在する情報をどのように一元化し、どのようなシステム設計を行えばいいのか、利用者の視点と開発者の視点の双方からお話していきます。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォームによる カスタム App 開発のポイント
  • PC・iPhone・iPad の特性に沿った効果的なレイアウト設計
  • 地図( GoogleMap )を活用するにあたってのポイント
  • 自社で構築した カスタム App の機能拡張を意識した開発の考え方
    こんな方におすすめ
  • カスタム App による「働き方」を変える方法に興味がある方
  • 建設業・不動産管理業のお客様全般
  • まずは、自社の カスタム App を自分で構築していこうと考えている方
4
15:30 -
16:30
ジェネラル
満席 G-9中級 上級
プロがこっそり教えるパフォーマンスを意識した開発の勘所

株式会社寿商会 本社 代表取締役社長 若林 孝 氏

FileMaker プラットフォーム は高速なデータベースですが、レコード数が大量な カスタム App の場合には、思ったようなパフォーマンスがでないという悩みをよく聞きます。計算フィールド、集計フィールド、検索、索引、ExecuteSQL、サーバー上のスクリプト実行などを点検する必要がありますが、全てにおいてこれが正解というものはありません。本セッションではそれぞれの特長とケースに応じたパフォーマンス改善の勘所を伝授。
あなたの カスタム App を高速化しましょう。

    このセッションで学べること
  • 計算フィールド、非保存の使い分け
  • 検索の高速化
  • サーバー上のスクリプト実行に適したケース
  • ExecuteSQLに適したケース
  • 索引の重要性
    こんな方におすすめ
  • 今使っている カスタム App をもっと高速化したい
  • これから大規模開発に取り組む
  • FileMaker Go 向け カスタム App 開発に取り組む
  • カスタム App を維持管理する
4
17:00 -
18:00
ジェネラル
G-10中級 上級
FileMaker Pro Advanced と外部システムの連携 ケーススタディ

株式会社ジェネコム 代表取締役 高岡 幸生 氏

FileMaker Pro 17 Advanced では、FileMaker プラットフォーム以外のシステムと連携するための手法が増えたため、より多くの外部システムとの連携が可能になります。実際に、社内の別システムで作られたデータを FileMaker Pro Advanced で使いたいシーンは多々あると思います。しかし、システム開発の現場では実際の連携方法についての情報が少なく、手探りで カスタム App の開発をおこなう様なケースもあるようです。そこで、このセッションでは、FileMaker プラットフォーム と外部システムのインテグレーションを主題に、インテグレーションのケーススタディ、具体的な連携手法などについて解説します。また、FileMaker Data API を用いたシステムインテグレーションの可能性についてをご説明します。

    このセッションで学べること
  • 実際のシステムインテグレーションの事例
  • システムインテグレーションが可能な外部システムと不可能なシステム
  • システムインテグレーションの手法
  • システムインテグレーションの注意点
  • FileMaker Data API の使い所
    こんな方におすすめ
  • これまで、自己流で開発をしてきた開発者の方
  • カスタム App 開発のスキルアップを望む方
  • 自社内で カスタム App の開発を指導する役目の方
  • FileMaker プラットフォーム の導入を検討中で、自社の基幹システムとの連携を検討されている方
4
17:00 -
18:00
ジェネラル
G-11中級 上級
効率的な カスタム App 開発のための実践テクニック最新版 - クロス集計編 -

TonicNote 株式会社 代表取締役 竹内 康二 氏

このセッションでは、FileMaker Pro 17 Advanced を使った最新の効率的な開発手法について、2011年より好評をいただいている同セッションの内容を大幅にパワーアップしてご紹介します。今回は、クロス集計にスポットを当て、簡単に実現できる「ハード」な方法から、より柔軟で難易度の高い「ソフト」な方法まで解説します。
例えば、1月から12月までの月が横に並び、担当者や事業所が縦に並んだ表を思い浮かべてください。それぞれのマスには、「その担当者のその月の売上金額合計」が表示されています。12月の右側には、「その担当者の1月から12月までの売上金額合計」が表示され、最後の行には「その月の全担当者の売上金額合計」が表示されます。おそらく、最後の行の一番右側には、「全ての担当者の1月から12月までの売上金額合計」が表示されることになります。さらに、縦軸を担当者でなく商品にしたり、横軸を事業所にしたり、さまざまな切り口で蓄積されたデータを活用できるのがデータベースの大きな利点です。
処理の設計をシンプルに保ち、将来の機能追加や仕様変更にも柔軟に対応できる効率的な開発手法と実際の構築方法について、実例を交えながらじっくりとご紹介します。今回は、特定の目的について一連の処理を行うような動作の解説に加えて、皆さんのデータベースですぐに使えるような、小さな便利技を数多くご紹介します。

    このセッションで学べること
  • クロス集計を FileMaker プラットフォーム で実現するための複数の方法
  • 処理の設計をシンプルに保つ方法
  • 処理の可搬性と再利用性を向上させる方法
  • 将来の機能追加や仕様変更に柔軟に対応できる開発手法
  • ユーザや管理者に頼りにされる開発者へのなり方
    こんな方におすすめ
  • 蓄積したデータをもっと活用したい方
  • 営業会議の前に残業せずに素早くデータを集計したい方
  • 一度作った仕組みを使いまわして、効率的にデータベースを活用したい方
FileMaker Road Show 2019 大阪開催は終了しました。
ページトップに戻る