モビリティ

FileMaker の情報を外出先でも利用できます。

私たちの住む世界では、モバイルデバイスからの絶え間のない高速 Web 接続が当たり前になりつつあります。FileMaker, Inc. は、どこにいても iPad や iPhone で FileMaker のデータにアクセスしていただけるよう、さまざまなツールに投資しています。

iPad および iPhone 向けのカスタム App

FileMaker プラットフォームには、あなたのビジネスにおける固有のニーズを満たす、iPad および iPhone 向けのカスタム App を作成するのに必要なツールが揃っています。まずは、FileMaker Pro Advanced を使用してカスタム App を作成します。そして、FileMaker Go を使用して iPad や iPhone でカスタム App にアクセスします。

iPad および iPhone 用の FileMaker Go では、iPad または iPhone デバイス上で FileMaker データを表示、編集、および検索できます。

FileMaker Go でのデータの扱い方は、FileMaker Pro Advanced と同じで、タブコントロール、クイック検索、Web ビューア、ポータル、その他のスクリプトなど、FileMaker Pro Advanced の多くの機能を利用することができます。さらに、iOS の基本機能である、さまざまなタッチ操作(タップ、ピンチ、スワイプ、ズームなど)を活かして、快適に使うことができます。

FileMaker Cloud または FileMaker Server を使用してカスタム App を共有し、FileMaker Go でリアルタイムにアクセスすることができます。iTunes のファイル共有、電子メール、または AirDrop を使用して iPad および iPhone 上にファイルをコピーしておけばオフラインでも使用することができます。

FileMaker Go についてさらに詳しく

iOS App SDK

FileMaker プラットフォームおよび iOS App SDK を使って、あなたのビジネスに最適な iOS アプリケーションを作成します。次に、作成した iOS アプリケーションをモバイルデバイス管理 (MDM) を使用してチームに展開します。組織内で iOS アプリケーションを共有する便利な方法を探している FileMaker 開発経験者にとって、iOS App SDK は最適なツールです。このツールは、コマンドラインインターフェースを使用するユーティリティで、FileMaker プラットフォームを使用して作成したカスタム App を iOS アプリケーションに変換することができます。FileMaker Developer Subscription のメンバーであれば、この SDK を使用できます。

iOS App SDK についてさらに詳しく

リソース