ODBC の概要

オープンな ODBC 標準を使用してデータを交換できます。

FileMaker Pro Advanced を使えば、データが FileMaker Pro Advanced に保存されているか、他のデータソースに保存されているかにかかわらず、カスタム App を作成そして管理することができます。また、FileMaker Pro Advancedは、他のアプリケーションのデータソースになることもできます。目的に最適な製品や機能をお選びください。

目的 機能 必要な製品

FileMaker Pro Advancedを使って、SQL クエリーやステートメントを ODBC データソースに送りたい。

[SQL を実行] スクリプトステップ

FileMaker Pro Advanced

FileMaker Pro Advancedを使って、FileMaker Pro Advanced内の指定のテーブルオカレンスについて、SQL SELECT クエリーやステートメントを実行したい。

ExecuteSQL 計算関数

FileMaker Pro Advanced

FileMaker Pro Advancedを使って、ODBC データソースからアドホックベースでデータをインポートしたい。

ODBC データソースのインポート

FileMaker Pro Advanced

FileMaker Pro Advancedを使って、ODBC データソースから定期的にデータをインポートしたい。

[レコードのインポート] スクリプトステップ

FileMaker Pro Advanced

FileMaker Pro Advancedを使って、MS SQL Server、Oracle、MySQL のデータソースにライブ接続したい。

外部 SQL データソース

FileMaker Pro Advanced または FileMaker Server

ローカルクライアント上で動作する ODBC クライアントを使って、SQL クエリーやステートメントを FileMaker のカスタム App に送りたい。

データソースとしての FileMaker Pro Advanced

FileMaker Pro Advanced

リモートクライアント上で動作する ODBC クライアントや JDBC クライアントを使って、SQL クエリーやステートメントを FileMaker のカスタム App に送りたい。

データソースとしての FileMaker Pro Advanced

FileMaker Cloud / FileMaker Server

始める前に

  • 適切な ODBC ドライバをインストールしてください。
  • ODBC データソースまたは FileMaker カスタム App の IP アドレスまたはドメイン名を知っておく必要があります。
  • データベース管理者から提供された ODBC データソースのユーザー名とパスワードをご確認ください。データベース管理者が提供するアクセス権により、読み書き可能か、読み取り専用かが決定されます。

さまざまなリソース

ODBC ドライバ

Windows については、ほとんどの ODBC 対応アプリケーションが、インストール・ルーチンの一部として、またはバンドルされたソフトウェアを通じて、独自の ODBC クライアントドライバを提供しています。これらのドライバについては、アプリケーションプロバイダ(Microsoft、Oracle など)にご確認ください。

Mac については、ODBC クライアントドライバは、一般にサードパーティプロバイダから提供されます。

Linux については、FileMaker Cloud Admin Console で ODBC ドライバが提供されています。

ドキュメンテーションとノート