お申し込み

FileMaker カンファレンス 2018

参加費無料。事前登録制。今すぐご登録!

セッション ― すべてのセッション ― 11月7日(水) ― 11月8日(木) ― 11月9日(金) ― 事例 トラック ― ジェネラル トラック ― メディカル トラック ― スペシャル イベント ― ランチョン/スイーツ セミナー ― カスタム App について検討・情報収集したい ― カスタム App をクラウドで展開したい ― モバイルをビジネス導入したい ― FileMaker スキルを向上したい ― 外部製品・サービスとの連携について知りたい ― 医療業界のカスタム App 活用について知りたい ― ライブ中継されるセッションを見る ― これから始める方、始めたばかりの方向け ― 開発経験のある方向け

日付 | 時間
セッション | トラック
すべて開く | すべて閉じる
7
10:30 -
12:00
スペシャル
S-1初級 中級 上級
オープニング セッション

ファイルメーカー株式会社

ファイルメーカー株式会社社長ビル・エプリングによるビジネスアップデートに続き、米国本社 FileMaker, Inc. の エンジニア によって、FileMaker プラットフォームのテクニカルアップデートや FileMaker 社が注目する技術について、デモンストレーションを交えてご紹介します。オープニング セッションでは、FileMaker 社の守秘義務情報を含むデモンストレーションがおこなわれる場合があります。参加者は、会場でお伝えする FileMaker 社からの本セッションへの参加条件に従うものとなります。あらかじめご了承ください。

7
12:20 -
13:20
ランチョン
L-1初級、中級
クラウドを利用した「働き方改革」支援について考えてみる

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナーアライアンス本部 並木 克仁

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 テリトリーマネジメント本部 川原 史識

株式会社イエスウィキャン 代表取締役 有城 博昭

FileMaker プラットフォームをクラウドで利用するかどうか、という段階から「どのように効果を出していくのか」という段階になっていると思います。
そこで「働き方改革支援」という視点で、クラウドを活用する方法やその効果を、具体的な事例も併せてお話してみたいと思います。
また当日会場では皆様のPCやモバイル機器からご質問をいただきますので、皆様の疑問にできる限りお答えしていきたいと思います。

    このセッションで学べること
  • 「働き方改革支援」という視点で見た場合の、AWSの商品・サービス
  • FileMaker プラットフォームを利用した「働き方改革支援」
7
12:20 -
13:20
ランチョン
L-2初級 中級 上級
止められない FileMaker Server のベストプラクティス

日本電気株式会社 クラウドプラットフォーム事業部第3ソリューション統括部 マネージャー 奥谷 展祥

非機能要件である「可用性要件」というものは見落とされがちです。しかし、データベースは多くの利用者からアクセスされ、業務停止時のビジネスインパクトは年々拡大し、止められなくなっています。データベースの可用性を上げるにはどのようにすればよいのでしょう?本セッションでは、投資対効果の観点でお客様のビジネスインパクトに合わせた最適解・ベストプラクティスをご説明します。

    このセッションで学べること
  • 重要データや大規模ユーザで利用する際の注意点・運用方法
  • 24時間365日での運用方法
  • FileMaker Server の停止に対する復旧方法
    こんな方におすすめ
  • 医療関係の方
  • 大規模利用をお考えの方
  • 24時間365日で運用されている方
  • 遠方での利用など緊急時に直ぐにメンテナンス等が行えない方
7
12:20 -
13:20
ランチョン
L-3初級 中級 上級
FileMaker 17 プラットフォームの API と IoT

株式会社テクニカル・ユニオン 代表取締役 戸倉 正貴

ビジネスにおいて自社システムのみでの運用は時代遅れとなり他システムとの連携が必須の時代となりました。FileMaker プラットフォームでの カスタム App もAPIを利用したシステム構築があたりまえとなりました。また、クラウドが主流となった現在ではIoT機器との接続にAPIが欠かせないツールとなっています。このセッションでは FileMaker プラットフォームにおけるAPIの説明をクラウドおよびモバイル、IoT、ロボットとの連携を例に挙げながら話をします。

    このセッションで学べること
  • API
  • IoT
  • クラウド
  • モバイル
    こんな方におすすめ
  • どなたでも
7
13:40 -
14:40
事例
C-1初級 中級 上級
蓄積データをBI連携で資産にかえる。ハートコアRPAで FileMaker プラットフォーム とTableauの連携を実現。

信州ハム株式会社 経営企画部(兼)社長室 執行役員 経営企画部長(兼)社長室室長 小口 昇

株式会社信州ハム・サービス 情報管理部 取締役 土屋 光弘

信州ハム株式会社 生産管理部(株式会社信州ハム・サービス出向) 係長 織部 航

信州ハム株式会社 情報管理課 課長 久 聡紀

生産現場の見える化を目的として、内製化 カスタム App「新・生産管理システム」を導入し約2年半が経過。リアルタイムな情報だけでなく、これまでに蓄積されたデータをTableauを使って分析し経営戦略システムとして活用する事例を紹介します。分析には FileMaker プラットフォーム のみならず、社内の営業システムからもデータを集約し多角的に分析ができるよう進めています。
また FileMaker プラットフォーム とTableauデータ連携にはハートコア社のRPAを使って接続しています。この連携により、受注から生産、そして出荷までの情報をTableauへ集約し、あらゆる角度から分析することが可能になりました。
「新生産管理システム」導入以降、現場からの要請により開発されたあらたな カスタム App も紹介します。

    このセッションで学べること
  • BIツールとしてTableauを選択した理由と導入成果
  • 内製化 カスタム App 導入後の発展と他システムとの連携
  • RPAを使った自動処理の事例
    こんな方におすすめ
  • 業務アプリケーションのシステム開発内製化を検討しているユーザ企業の方
  • FileMaker プラットフォーム とBIツールを使ったデータ分析を検討しているユーザー企業の方
7
13:40 -
14:40
ジェネラル
G-1初級
始めてみよう FileMaker Pro Advanced でのシステム構築の第一歩!

株式会社バルーンヘルプ システム開発部 佐藤 快陽

皆さんには、こんな悩みありませんか?

  • FileMaker Pro Advanced って触ってみたけどよくわからない
  • 正規化って聞いたことあるけれど、実際の業務に当てはめて考えると難しい
  • そもそもリレーショナルデータベースって難しそう
  • 社内の要望はたくさんあるけれど、どのようにして要件をまとめシステム化すればいいのかわからない

など。
本セッションではシステム導入検討時に皆さまがよく抱える問題をテーマにし、要件定義から FileMaker プラットフォームを利用したシステム構築の手法についての基本の"き"をお伝えいたします。

    このセッションで学べること
  • データモデリングについて
  • テーブル設計について
  • リレーションシップについて
    こんな方におすすめ
  • FileMaker Pro Advanced って触ってみたけどよくわからない
  • 正規化って聞いたことあるけれど、実際の業務に当てはめて考えると難しい
  • そもそもリレーショナルデータベースって難しそう
  • 社内の要望はたくさんあるけれど、どのようにして要件をまとめシステム化すればいいのかわからない
7
13:40 -
14:40
スペシャル
S-2初級 中級 上級
スペシャルセッション - Workplace Innovation Platform(ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム)〜 FileMaker の新しいカテゴリー

FileMaker, Inc. プラットフォームエバンジェリズム担当ディレクター アンドリュー・ルケイツ(Andrew LeCates)

これまで FileMaker はパーソナルデータベース、デスクトップデータベース・ソフトウェア、生産性向上アプリケーション、RDBMS、高速アプリケーション開発ツール、ローコード・ノーコード開発プラットフォームなど、機能の追加や規模の拡張につれて、様々なカテゴリーを変遷してきました。

当社ではこのたび FileMaker の位置付けを次のように再定義し、「Workplace Innovation Platform(ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム)」という新たなカテゴリーに分類することにしました。

  • ファイルメーカー社は、数人から数百人のチームに適した FileMaker プラットフォームを提供します。
  • FileMaker プラットフォームは、アプライアンス App(特定の機能や用途に特化した App )や全社システムでは解決できない、型にはまった仕事のやり方を改革しようとするチームの人々を支援します。
  • FileMaker プラットフォームではあらゆる人が強力で高度なテクノロジーを活用できます。
  • 各組織固有の問題がたとえビジネスに合わせて変化しても迅速に解決できます。

このセッションでは、FileMaker, Inc.にて本件の担当ディレクターを務めるアンドリュー・ルケイツが、日本のお客様や開発者の皆様に向けてさらに詳しく「Workplace Innovation Platform(ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム)」についてご説明します。

このセッションは、同時通訳があります。

7
15:00 -
16:00
ジェネラル
G-2初級
情報保護の勘所。はじめてでも押さえておきたい最低限のセキュリティ

i Home Care for you株式会社 深澤 真吾

誰でもレイアウトモードに入れるファイルをお使いですか?カスタム App に入力された大事な情報を守ることはあなたとあなたの会社を守ることにつながります。アカウントとアクセス権セットとは何か?FileMaker 製品のセキュリティの基礎を習得しましょう。アカウントをカスタム App 内で管理する際のベストプラクティスも提示いたします。

    このセッションで学べること
  • FileMaker 製品のセキュリティ機能
  • アカウントとアクセス権セット
  • フィールド・ファイルの暗号化と復号
  • アカウント管理
  • 端末認証
    こんな方におすすめ
  • 作ったファイルをそのまま使っている方
  • セキュリティについて考えたい方
  • 沢山のアカウントの管理に悩んでいる方
7
15:00 -
16:00
ジェネラル
G-3初級 中級
ストーリーボードを利用した構築手法で誰もが満足できる仕組みを実現

株式会社DBPowers 代表取締役 有賀 啓之

作る人、使う人の知識の違いや意向の違いをどのように解消し、成長できるシステムとして成立させるかを、ステップバイステップの工程とツールで紹介していきます。その工程の中で、どのタイミングでどのような決断(採用する機能、採用するプラットフォーム、採用するライセンス など)をくだすのかを実例を提示しながら進めます。また、構築するシステムを社内的、社外的を問わずビジネス的に成功に導くために、作成コストを最適化できるポイントがあります。そのポイントを検証し、そこで判断を誤らないための基準を考えます。

    このセッションで学べること
  • ストーリーボードなどを利用したシステム構築手法
  • ソリューションシステムやApp構築にあたって発注者、受注者としての意識や感覚のズレを最小化する手法
  • FileMaker プラットフォームをベースにしたシステム構築で顧客満足度を上げるための開発手法
  • 適切なシステム構築を実施する上での役割分担
  • システム運用を安定化させるために必要なコストや採用するべき技術の判断ポイント
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォームを中心としたシステム環境をこれから構築しようとしている方
  • どのようなライセンスでどのようなシステム環境が可能なのかの判断に迷っている方
  • 安定稼働を実現するにあたって関連する人材にどのような役割を担ってもらうかの判断基準を学びたい方
  • 開発側と発注側での意識のズレからくるシステム構築への不安、不満を解消させる手法を探している方
7
15:00 -
16:00
スペシャル
S-3初級 中級 上級
スペシャルセッション - イノベーションの本質

早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール 准教授 入山 章栄

成熟した社会の中、「イノベーションを」といった言葉をよくききますが、経営の中で「イノベーション」を起こすためにはどのような視点や経営方針をもてばよいのでしょうか?
講演では、経営学での先端イノベーション理論や日本の企業経営においてイノベーションを起こすための経営施策、陥りやすい傾向などを示唆させていただきます。

7
16:30 -
17:30
事例
C-6初級 中級 上級
FileMaker Cloud と iPhoneでスポーツイベントの登録受付〜屋外でも屋内でもボランティアスタッフでスムーズに運用

株式会社スプラッシュ 代表取締役 蜷川 晋

本事例の特徴と成果について具体例を挙げてご紹介します。

  • 期間限定の利用が可能な FileMaker Cloud は短期間だけ使いたいスポーツイベントに最適。IT インフラ投資が最小限。
  • 登録受付は iPhone のカメラで QR コードを読み取るだけ。シンプルな操作性とわかりやすい UI でミスなく短時間で処理できる。
  • 使い慣れた iPhone で高校生ボランティアでも使いこなせる。
  • iPhone と FileMaker Go を活用することで Wifi 環境が不要に。Wifi 設置のための手間や経費が削減できるうえ、使う場所を選ばない運用が可能に。
  • FileMaker Cloud にホストされたカスタム App に iPhone 上の FileMaker Go から携帯電話回線を通じて接続。逐次情報を本部でリアルタイムに把握。
  • 甘いセキュリティのものはホストすらできないという頑ななポリシーが基本の FileMaker Cloud はセキュリティの手間いらず。
7
16:30 -
17:30
ジェネラル
G-4中級
悲観的な世界でも、楽観主義者になろう!

Beezwax DIRECTOR OF FILEMAKER DEVELOPMENT Vincenzo Menanno

楽観的(オプティミスティック ロック)と悲観的(ペシミスティック ロック)、FileMaker Pro Advanced では、レコードロックのためにどちらの手法を利用しているかを知らないようであれば、このセッションはあなたに最適です。たとえ、あなたが知っている方だとしても、わたしが楽観的データベースアーキテクトになった経緯を共有しましょう。FileMaker Pro Advanced がオプティミスティック レコードロックを利用できるようにする際、どのようなことが重要になるかを理解します。このアプローチを利用する時のセキュリティ上の懸念事項、そしてデータの正確さや信頼性を維持しつつもパフォーマンスを最大限に活かせる カスタム App の構造や作成を考察します。

このセッションは、同時通訳があります。

    このセッションで学べること
  • オプティミスティックとペシミスティックのレコードロックはどのように動作するか、そして FileMaker Pro Advanced はどちらの方法とっているかを理解
  • セキュリティのベストプラクティス
  • スクリプト作成のベストプラクティス
  • パフォーマンスを最大限にするのに役立つ計算式の考え方
    こんな方におすすめ
  • カスマム App 作成の基礎を学びたい方
  • リレーションシップ、計算式、スクリプト作成の基礎を学びたい方
7
16:30 -
17:30
ジェネラル
G-5初級
コストもダウン!開発ノウハウも蓄積!美味しいとこ取りの開発手法

株式会社未来Switch 開発責任技術者 佐合 紀和

FileMaker プラットフォームは簡単に独自のシステムが作れる環境ですが、それでも初心者には実装しようとする機能や必要としているカスタム Appの開発が難しく感じる場合があります。そんな難しい開発をFBAのような専門の開発会社にまかせ、できあがったカスタム Appの開発方法のトレーニングを受ければ、その後、そのカスタム Appは自社で運用・開発することができます。自社で運用・開発することで、より組織にあったカスタム App に育てることができます。
全てを受託会社にお任せするシステム開発では改修に高額な見積を提示されることもあるかもしれません。ですが、自社スタッフでは難しい開発のみ依頼し、しかもトレーニングの一貫とすることで、コストを下げることができる上に、自社に開発ノウハウを蓄積することもできます。

    このセッションで学べること
  • 発注の仕方
  • 開発の勉強方法
    こんな方におすすめ
  • これからシステムを導入しようと思っている
  • システムの発注の仕方が解らない方
7
18:00 -
19:00
ジェネラル
G-6中級 上級
アジャイル開発で抑えておくこと

株式会社寿商会 堀 直樹

FileMaker プラットフォームを利用した開発のメリットのひとつは、迅速さや臨機応変な対応です。
この点がアジャイル開発と相性の良い点で、この手法を使った開発を検討される企業も多くあります。
ところが、日本の受託開発におけるアジャイル開発には、意外な難しさが伴います。企業とベンダー間における契約という観点からアジャイル開発においてトラブルになりづらい進め方を解説します。

    このセッションで学べること
  • アジャイル開発のメリット、デメリット
  • アジャイル開発を進める上での契約について
  • FileMaker プラットフォームを使ったアジャイル開発のポイント(開発ルールや命名規則など)
    こんな方におすすめ
  • アジャイル開発を検討している開発ベンダーの方
  • アジャイル開発を検討している企業の方
7
18:00 -
19:00
ジェネラル
G-8初級 中級 上級
FileMaker Business Alliance(FBA)に開発依頼するポイントとエンジニア育成方法

株式会社ジェネコム 代表取締役社長 高岡 幸生

株式会社ジュッポーワークス ソリューション開発部 取締役部長 永井 求

株式会社バルーンヘルプ 代表取締役 浜地 直美

株式会社イエスウィキャン 代表取締役 有城 博昭

株式会社サポータス ソリューション開発事業部 執行役員 小笠原 亨

受託開発を依頼される場合、出来る限りリーズナブルで高品質のソリューションを手に入れたい、と思われるのは当然だと思います。もちろん私たち FBA Platinum 各社も同様の思いでご提供したいとおもって考えています。
また一人でも多くの高度で経験豊かなエンジニアを社内外問わず育成していくことこそがお客様や我々だけでなく業界全体に必要だということも認識しています。
そこで FBA Platinum 各社の代表が、その目的のためにどのように見積作成、要件定義、設計・開発、納品からサポートまで行っているのか。一方どのように採用をして、初心者から一人前のエンジニアにまで育成しているかの二つのテーマで質問にお答えする形式でおこないます。

    このセッションで学べること
  • FBA Platinum 各社の見積・開発手法
  • 受託開発を依頼していただく際のポイント・注意点
  • FBA Platinum とスムーズに開発を進めるコツ
  • エンジニアの採用・育成方法
  • エンジニア育成のためのコツ
    こんな方におすすめ
  • FBA に開発依頼を検討している方
  • シチズンディベロッパの教育について知りたい方
7
18:00 -
19:00
ジェネラル
G-26初級 中級 上級
IoTの仕組みを知ろう。IoT通信の主力である「Sigfox」と「LTE-M」の仕組みの解説と事例紹介

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社 デジタルイノベーション営業部 係長 植西 祐揮

IoT通信で使われる、LPWA(Low Power Wide Area)とは何か、また、LPWAでどういった事が今後実現可能となるか。LPWAの通信規格である、「Sigfox」、「LTE-M」の特徴と、事例を紹介。
IoTをこれから始めたいという方にわかりやすく解説。

    このセッションで学べること
  • LPWAの基礎知識
  • LPWAの市場、動向
  • Sigfoxの特徴
  • LTE-Mの特徴
  • Sigfoxの活用事例
    こんな方におすすめ
  • IoTをこれから始めたいという方
  • IoTを始めようとしており、デバイス、プラットフォームをお探しの方
  • IoTがどのようなユースケースがあるかを知りたい方
7
19:20 -
20:20
スペシャル
S-4初級 中級 上級
FileMaker ユーザグループ全国大会

全国の FileMaker ユーザーグループ

各地で有志の方々によるユーザグループのオフラインミーティングや勉強会が定期、不定期に開催されています。カンファレンスを機会に、各地域の FileMaker ユーザの皆さんで集まり、お互いの活動状況や開催スケジュールを共有し、情報交換をしませんかという全国版のミーティングです。これまで、北海道、東京、北陸、信州、中部、関西、四国、九州、熊本、宮古島などの各地から多くの方々が参加されています。まだオフラインミーティングに参加されたことのない方も、ぜひお気軽にご参加ください。

8
10:00 -
11:00
ジェネラル
G-7中級
開発基本セオリーに基づいた、知っておくべき5つのテクニック

株式会社スプラッシュ 代表取締役 蜷川 晋

開発には基本的なセオリーがあります。誰でも一度は悩む基本的な疑問があり、それに答えていくテクニック5種類を、それぞれなぜ、なんのために、どのようにの3つの軸にそってじっくり理解していただきます。

  • ポータルへの追加はどんな方法がやりやすい?
  • EnterやReturnキーをうまく使いこなしたい
  • スクリプトに複数の値を引き渡すには?
  • 利用者にわかりやすくかっこいい動きのあるボタンやダイアログ
  • 再利用が可能などこででも動く部品とは

など理解すれば、明日からすぐに使える、ちょっとしたテクニック全5種類を確実に身につけよう。

    このセッションで学べること
  • ポータル利用のベストプラクティス
  • JSONデータの活用
  • スクリプトトリガの基本
  • 汎用性のある共通部品の作り方
  • 将来のメンテナンス性を考慮した開発
    こんな方におすすめ
  • FileMaker Pro Advanced を活用しようとしているが、基本形を学んでおきたい
  • 一通りテキストなどで学習したが、まだ開発経験が浅く失敗が怖い
  • 前任者から引き継いだファイルがあるが、自分できちんと作り直していきたい
  • 最新バージョンの機能を有効に使ってより良いものにしていきたい
  • 独学で作っているため、開発の基本パターンを知りたい
8
10:00 -
11:00
ジェネラル
G-9中級 上級
効率的な カスタム App 開発のための実践テクニック最新版 - クロス集計編 -

TonicNote 株式会社 代表取締役 竹内 康二

このセッションでは、FileMaker Pro 17 Advanced を使った最新の効率的な開発手法について、2011年より好評をいただいている同セッションの内容を大幅にパワーアップしてご紹介します。今回は、クロス集計にスポットを当て、簡単に実現できる「ハード」な方法から、より柔軟で難易度の高い「ソフト」な方法まで解説します。
例えば、1月から12月までの月が横に並び、担当者や事業所が縦に並んだ表を思い浮かべてください。それぞれのマスには、「その担当者のその月の売上金額合計」が表示されています。12月の右側には、「その担当者の1月から12月までの売上金額合計」が表示され、最後の行には「その月の全担当者の売上金額合計」が表示されます。おそらく、最後の行の一番右側には、「全ての担当者の1月から12月までの売上金額合計」が表示されることになります。さらに、縦軸を担当者でなく商品にしたり、横軸を事業所にしたり、さまざまな切り口で蓄積されたデータを活用できるのがデータベースの大きな利点です。
処理の設計をシンプルに保ち、将来の機能追加や仕様変更にも柔軟に対応できる効率的な開発手法と実際の構築方法について、実例を交えながらじっくりとご紹介します。今回は、特定の目的について一連の処理を行うような動作の解説に加えて、皆さんのデータベースですぐに使えるような、小さな便利技を数多くご紹介します。

    このセッションで学べること
  • クロス集計を FileMaker で実現するための複数の方法
  • 処理の設計をシンプルに保つ方法
  • 処理の可搬性と再利用性を向上させる方法
  • 将来の機能追加や仕様変更に柔軟に対応できる開発手法
  • ユーザや管理者に頼りにされる開発者へのなり方
    こんな方におすすめ
  • 蓄積したデータをもっと活用したい方
  • 営業会議の前に残業せずに素早くデータを集計したい方
  • 一度作った仕組みを使いまわして、効率的にデータベースを活用したい方
8
10:00 -
11:00
ジェネラル
G-10初級
FileMaker 17 プラットフォームの新機能紹介

ファイルメーカー株式会社 法人営業部 セールスエンジニア 小林 ひとみ

2018年5月にリリースされた FileMaker 17 プラットフォームでは、FileMaker プラットフォーム全域にわたり機能の強化・拡張がおこなわれています。これから FileMaker プラットフォームを使って初めて開発をおこなう開発者をサポートする機能や使いやすく改良された開発ツールなどの開発者をサポートする機能、モバイルデバイス上で業務をより円滑に行えるようにサポートする機能、色々なシステムとの連携を可能とする機能など、自信をもってご提供できるものとなっています。このセッションでは、FileMaker 17 プラットフォームが提供する新機能概要をご紹介します。今後のバージョンアップ、もしくはこれからカスタム Appを開発する際の情報収集として、この機会に是非ご参加ください。

    このセッションで学べること
  • FileMaker 17 プラットフォームの新機能概要
    こんな方におすすめ
  • これから FileMaker 17 プラットフォームを使ってカスタム Appの作成を検討
8
11:20 -
12:20
ジェネラル
G-11中級
開発を飛躍的に楽にする支援ツールとデータベースデザインレポートを活用した構造解析アプリの紹介と利用方法

株式会社スプラッシュ 与座 さつき

フィールドを整理したい、テーブル情報をまとめてみたい、複数のファイルにまたがるセキュリティはどのようになっているのか?
自身が開発したシステムが予想以上に大きくなったり、引き継いだシステムの全体を俯瞰してメンテナンス方針を見極める時などに活用できるのが、FileMaker Pro Advanaced のデータベースデザインレポート(DDR)です。DDRによりXMLデータで出力したデータを利用して継続開発、システム保守の際に活用することができる解析ツール各種のご紹介と、具体的な利用方法を解説します。また、開発時にその場で役立つ必携ツールもご紹介します。

    このセッションで学べること
  • データベースデザインレポート
  • システム全体の把握方法
  • 正規化の必要性
  • 開発時必携の役立ちツール
    こんな方におすすめ
  • 前任者から引き継いだシステムを理解する必要がある
  • 開発時にフィールド定義、スクリプトステップでの計算式やテーブルオカレンスを簡単に検索したい
  • 正規化のための繰り返しフィールドを検索したい
  • 開発作業効率を高めたい
  • システム全体の複雑性、問題点を診断したい
8
11:20 -
12:20
ジェネラル
G-12初級 中級
FileMaker Pro Advanced と外部システムの連携 ケーススタディ

株式会社ジェネコム 岩下 愛奈

FileMaker Pro 17 Advanced では、FileMaker プラットフォーム以外のシステムと連携するための手法が増えたため、より多くの外部システムとの連携が可能になります。実際に、社内の別システムで作られたデータを FileMaker Pro Advanced で使いたいシーンは多々あると思います。しかし、システム開発の現場では実際の連携方法についての情報が少なく、手探りでカスタム App の開発を行う様なケースもあるようです。そこで、このセッションでは、FileMaker プラットフォームと外部システムのインテグレーションを主題に、インテグレーションのケーススタディ、具体的な連携手法などについて解説します。また、FileMaker Data API を用いたシステムインテグレーションの可能性についてをご説明します。

    このセッションで学べること
  • 実際のシステムインテグレーションの事例
  • システムインテグレーションが可能な外部システムと不可能なシステム
  • システムインテグレーションの手法
  • システムインテグレーションの注意点
  • FileMaker Data API の使い所
    こんな方におすすめ
  • これまで、自己流で開発をしてきた開発者の方
  • カスタム App 開発のスキルアップを望む方
  • 自社内でカスタム App の開発を指導する役目の方
  • FileMaker プラットフォームの導入を検討中で、自社の基幹システムとの連携を検討されている方
8
11:20 -
12:20
ジェネラル
G-13初級 中級
FileMaker 12~16(fmp12形式)から最新 FileMaker 17 プラットフォームへのアップグレード

ファイルメーカー株式会社 法人営業部 セールスエンジニア 田中 元規

FileMaker プラットフォームは最新の技術による利便性、セキュリティの向上を実現すべく、年一回のペースで新しいバージョンのリリースが行われています。ただ、旧バージョンをご利用の方の中には「最新の機能についていけない」「現在利用中のカスタム App ををそのまま最新バージョンで利用していいのかどうかわからず不安だ」という方も多いのではないでしょうか?
FileMaker 12 プラットフォーム からファイルの拡張子「.fmp12」は変わっていないため、ファイルの変換は必要ありませんが、互換性や機能の変更などアップグレードの際に気をつけなければいけない点がいくつかあります。本セッションではこれらの点について学んでいただくほか、最新バージョンの機能について、その一部をご紹介します。

    このセッションで学べること
  • アップグレード時の注意点
  • 主な新機能
  • 新しいライセンスタイプ
    こんな方におすすめ
  • 現在 FileMaker 12 〜 16 プラットフォームをご使用中の方
  • アップグレードをご検討中の方
8
12:40 -
13:40
ランチョン
L-4上級 中級 初級
知りたかった!クラウド(AWS)の活用で FileMaker プラットフォームの世界を広げる

株式会社ジェネコム 代表取締役 高岡 幸生

株式会社ジェネコム ジェネコム スタッフたち

FileMaker Pro Advanced や FileMaker Pro によるカスタム App の運用では「クラウド」への展開が増加しています。
FileMaker プラットフォーム と クラウドを組み合わせた時にどれだけの可能性が広がるのか、APN(AWS パートナーネットワーク)メンバーであり、かつ、FileMaker プラットフォーム導入実績 3,000プロジェクト以上のジェネコムが、実際のクラウド活用事例や活用方法をご紹介します!
合わせて、FileMaker ボリュームライセンスをどのように購入すればお得なのか、FileMaker ボリュームライセンスのトップリセラーならではの視点で解説いたします。
参加されるみなさまには、今、気になっていることをこのセッションで解消していただける機会になればと存じます。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォーム と クラウドを組み合わせた活用事例
  • FileMaker プラットフォーム の垣根を超えた素晴らしいクラウド活用方法
  • サーバマシンをクラウド環境に移行した場合のメリット・デメリット
  • FileMaker ボリュームライセンスの最適な契約形態とお得な購入方法
    こんな方におすすめ
  • サーバマシンの環境をクラウドとオンプレミスのどちらにするか検討中の方
  • クラウドを利用した最新の活用事例を知りたい方
  • クラウドのセキュリティに疑問をお持ちの方
  • FileMaker ボリュームライセンスの購入を検討されている方
  • FileMaker ボリュームライセンスの契約形態や買い方を迷われている方
8
12:40 -
13:40
ランチョン
L-5初級 中級 上級
FileMaker データ、Tableauでもっと活用してみませんか? データを可視化し、業務に生かすためのコツとは?

Tableau Japan株式会社 パートナー営業部 パートナーディベロップメントマネージャ 青木 隆夫

株式会社アゼスト 代表取締役CEO 香取 徹

株式会社シリウス・データサイエンス プロジェクトマネージャ 柳田 正幸

FileMaker 16 プラットフォーム より、Tableauと FileMaker Server や FileMaker Cloud がWDC(Web Data Connector)を介して連携可能となりました。Tableauを使って FileMaker カスタム App のデータに自由にアクセスし、簡単にデータを可視化できるようになったおかげで、これまで時間を要していた作業を劇的に短縮したお客様が増えております。

さらにデータを本格的に活用しようとする皆さんが次に直面する課題は、(1)大量のデータをいかに効率よく取り出し、(2)どうやって業務に生かしていくのか、の二点です。

本セッションでは、医療分野の事例を中心に、どのようにデータを可視化し、活用しているのかをご紹介します。また、FileMaker プラットフォーム をお使いのみなさんがTableauのエキスパートになるための近道も、ご案内します。

    このセッションで学べること
  • なぜデータの可視化が重要となってきているのか?
  • Tableauが、なぜ多くのユーザーから選ばれているのか?
  • Tableauを利用する前に気をつけることは?
    こんな方におすすめ
  • 医療分野でどのようにTableauが使われているか、関心がある方
  • FileMaker カスタム App に格納された大量のデータを、もっと活用したい方
  • FileMaker データと、他のシステムのデータを組み合わせて使いたい方
8
12:40 -
13:40
ランチョン
L-6初級 中級 上級
ドキュメントスキャナーの最新動向と、FileMaker プラットフォーム での紙書類情報活用による業務効率化

株式会社PFU イメージングビジネスユニット ビジネス推進統括部 プロモーション推進部 課長 山口 篤

ベストセラードキュメントスキャナーの最新機種ScanSnap iX1500を中心にスキャナーの最新動向を紹介すると共に、スキャナーから取り込んだ紙書類に対して、文字抽出(OCR)し、FileMaker カスタム App に取り込む具体的な方法について、詳細にご説明します。

    このセッションで学べること
  • 紙書類の情報を FileMaker プラットフォーム に取り込んで活用する具体的な方法
  • 最新のスキャナー情報
    こんな方におすすめ
  • 紙書類の情報を FileMaker プラットフォーム に取り込んで活用したい人
  • ユーザ企業の FileMaker カスタム App 担当者
  • 受託開発企業の FileMaker カスタム App 担当者
8
14:00 -
15:00
事例
C-2初級 中級 上級
キャンパスプログラムで培った FileMaker プラットフォーム 最短習得法

エーアールシステム株式会社 代表取締役 長町 和俊

このセッションでは、FileMaker プラットフォームを学校の生徒に教えた経験をもとに、データベースを知らない人々にどのように教えれば理解できて、さらに理解を深めていってもらえるか、説明します。企業内で、FileMaker プラットフォームを利用する開発者を育てるための教え方に、大いに参考になると考えています。
香川県高松市で2校の FileMaker キャンパスプログラムを受け持っています。一校は私立高校の高松高等学院(2年目)。もう一校は穴吹デザインカレッジ(4年目)です。2校ともシステム専門の学校ではなく、特に穴吹デザインカレッジはデザイン系の専門学校です。まず、「データベースとは何か?」それと「これから学ぶことが自分の進路にきっと役立つことである」ということを理解してもらうことから始まります。学生の個性が強く習得スピードもかなりの個人差がありましたが、年数を重ねるに従って教え方のコツというものをつかんできました。突拍子もないことを考えつく生徒はなかなかいませんが、基本を忠実に守り、あっと驚くものを実習で作成する生徒もいます。自分たちのいままで体験することのなかった「FileMaker プラットフォームってこんなことができるんだ」という驚きとともに、皆んな楽しんで取り組んでいることが FileMaker プラットフォームの素晴らしさだと思います。そうした素晴らしい体験ができる学習についてお話しします。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォームによる開発の効率的な習得方法
  • 開発者育成のポイント
  • 様々な開発ステップ
    こんな方におすすめ
  • カスタム App 開発をこれから取り入れたいと思っている企業
  • 開発者を企業内で育てたいと思っている方
8
14:00 -
15:00
ジェネラル
G-14中級 上級
プロがこっそり教えるパフォーマンスを意識した開発の勘所

株式会社寿商会 本社 代表取締役社長 若林 孝

FileMaker プラットフォームは高速なデータベースですが、レコード数が大量なカスタム App の場合には、思ったようなパフォーマンスがでないという悩みをよく聞きます。計算フィールド、集計フィールド、検索、索引、ExecuteSQL、サーバー上のスクリプト実行などを点検する必要がありますが、全てにおいてこれが正解というものはありません。本セッションではそれぞれの特長とケースに応じたパフォーマンス改善の勘所を伝授。
あなたの カスタム App を高速化しましょう。

    このセッションで学べること
  • 計算フィールド、非保存の使い分け
  • 検索の高速化
  • サーバー上のスクリプト実行に適したケース
  • ExecuteSQLに適したケース
  • 索引の
    こんな方におすすめ
  • これから大規模開発に取り組む
  • FileMaker Go 向け カスタム App 開発に取り組む
  • カスタム App を維持管理する
8
14:00 -
15:00
ジェネラル
G-15初級 中級
コモド ジャパン セキュリティベンダー が教えるセキュアな運用を考慮した事前対策と事後対策

株式会社コモド ジャパン 営業推進部 部長 川口 賢

FileMaker プラットフォーム で取り扱うデータには、機密情報に加え社員の個人情報や顧客リスト等々、外部に漏洩することは決して許されない、非常に重要なデータを取り扱うケースが多々あるかと思います。オンプレやクラウドもしくはハイブリッドで運用するにしましても、最低限知っておきたいセキュリティの基礎知識が必要となります。このセッションでは、FileMaker プラットフォーム を安全に運用していただくための、セキュリティインシデントに備える事前対策と事後対策を含め、FileMaker Cloud に付属する試用版コモドSSLを例に、独自ドメインでSSL/TLSサーバ証明書を取得する方法をご紹介いたします。

    このセッションで学べること
  • FileMaker プラットフォーム を社員が安心して利用できる運用方法
  • 社内の FileMaker Server に外部から安全にアクセスする方法
  • 個人情報や機密情報を暗号化する必要性とメリット
  • TLS/SSLサーバ証明書を利用するメリットと選び方
  • 残存するセキュリティリスクに有効な事後対策について
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォーム をセキュアに運用したい方
  • SSL/TLSサーバ証明書を迷わず導入したい方
  • セキュリティインシデントに備えたい方
8
15:30 -
16:30
ジェネラル
G-16中級 上級
FileMaker プラットフォームにおけるシステム障害への備え、障害時の対応

株式会社ジュッポーワークス ソリューション開発部 取締役部長 永井 求

FileMaker カスタム App の作成後の運用について、特に障害時への備え、および障害時の対応にフォーカスしたセッションとなります。

    セッションで予定しているサブテーマ
  • FileMaker Server でのカスタム App の展開
  • FileMaker Server 17 のバックアップ機能
  • 運用環境の冗長化(クラスタリング)
  • 障害時におけるデータファイルの復旧
  • 修復と FileMaker data migration tool
    このセッションで学べること
  • FileMaker Server の環境構築
  • Cloud 環境の冗長構成
  • ファイルの復旧手順
  • FileMaker data migration tool の利用方法
    こんな方におすすめ
  • 運用管理部門、担当者
  • 中、大規模カスタム App の運用を検討している人
8
15:30 -
16:30
ジェネラル
G-17初級
ペーパーレスは、FileMaker プラットフォームとiPadで!

株式会社寿商会 本社 代表取締役社長 若林 孝

初めてiPadをビジネスで使うとき、一番最初のキーワードはペーパーレス。FileMaker プラットフォームは、iPadとの親和性はとても高く、おすすめです。では、なぜ FileMaker プラットフォームなのか?どうすれば便利に使い始められるのか?どんな業務がペーパーレスになるのか?といったポイントを事例を交えながらお伝えします。また、FileMaker プラットフォームを使ってこれからiPadで使用する カスタム App を開発される方向けに、まず最初に知っておくべき機能、操作、ユーザインターフェース/ユーザエクスペリエンスなど、開発のポイントも解説いたします。

    このセッションで学べること
  • FileMaker Pro Advanced で作ったカスタム App をFileMaker Goで利用する方法
  • iOSアプリを作る3の開発手法のメリット・デメリット
  • FileMaker プラットフォーム+ iPad で業務効率化された様々な実例
  • iOS上でのみ活用できる機能概要
  • iOS 用レイアウトを作成する際のデザイン(UI/UX)の考え方
    こんな方におすすめ
  • 業務のペーパーレスを検討中の方
  • iPad や iPhone をビジネスで利用することを検討中の方
  • iPad や iPhone 向け カスタム App の作成、導入を検討中の方
8
15:30 -
16:30
スイーツ
SW-1初級 中級 上級
FileMaker プラットフォーム で開発する全ての人へ Splash Store おすすめTOP 5をご紹介

株式会社スプラッシュ 与座 さつき

    FileMaker プラットフォーム と一緒に使って便利なツールをご紹介します。
  • 手描き機能で表現力UP「FMキャンバス」:FileMaker プラットフォーム上で動く手描きモジュール
  • カスタム App に美しいカレンダービジュアルを追加「Dayback」:ドラッグ & ドロップで操作できる多機能カレンダーです。
  • なんでも保存して再利用「クリップマネージャ」:FileMaker Pro Advanced や FileMaker Pro のカスタム関数、スクリプト、レイアウト情報などを手元にライブラリとしてストックしておき、データベース開発時にいつでも取り出して再利用することができます。
  • 簡単クロス集計「CCピボット」:複数の項目を掛け合わせて集計をおこなうクロス集計でデータを様々な角度から分析し、項目の相互関係を明確にする事ができます。CCピボットは FileMaker Pro Advanced や FileMaker Pro のデータを元に目的にあった集計や分析を簡単に実現します。
  • FileMaker Pro Advanced や FileMaker Pro のための超定番構造管理ツール「ベースエレメンツ」:変更前後のDDRチェックは、転ばぬ先の杖。データベースデザインレポートをもっと使いこなして安心安全なメンテナンスが実現します。
    このセッションで学べること
  • FMCanvasの組み込み方法とライセンス体系
  • ベースエレメンツによるDDR活用方法
  • Daybackカレンダーの組み込み方法
  • ClipManager活用アイデア
  • CCPivotを利用したお手軽クロス集計と組み込み方法
    こんな方におすすめ
  • インハウス/SIerを問わず、FileMaker プラットフォームで開発する全ての方
  • オブジェクトフィールドの画像に直接手描きで注釈をつけたい方
  • カスタム App に手軽にカレンダーのレイアウトを取り入れたい方
  • とにかく楽に作業したい方
8
17:00 -
18:00
事例
C-3初級 中級 上級
多くの事業所で実施される製品の販売から施工そして会計の業務フローを FileMaker プラットフォームで一元化。

東和耐火工業株式会社 管理本部 経理部 経理課 部長代理 鮎川 豊

株式会社バルーンヘルプ システム開発部 佐藤 快陽

このセッションでは、昨年創業50周年を迎えられた東和耐火工業株式会社様の導入事例を紹介します。製造業独自の習慣や業務フローのシステム化におけるハードルを、FileMaker プラットフォームで構築したシステムを導入することで、どのようにクリアされたのか。その背景と導入後の変化に至るまでを、東和耐火工業株式会社ご担当者にご登壇いただき対話形式でお伝えいたします。

自社岐阜工場で日々研究が重ねられ、開発・製造されている鉄鋼産業用耐火物製品・一般プラント用製品の販売と、多分野に渡る耐火工事の施工を主軸とされております。
「東京・千葉・名古屋・大阪・水島」に営業所・事業所があり、以前は、日々の業務は電話や手書きの紙、Excel、Wordを中心に運用されていました。システム導入の課題として、各営業所・事業所が抱える独自の習慣や異なる業務フローをいかにして正規化していくか、日々の業務を効率化し見える化を実現するか、そして会計までの流れをどのように構築するかがポイントでした。

    このセッションで学べること
  • 製造業における業務フローの正規化
  • FileMaker プラットフォームで構築するシステム化のポイント
  • 複数の外部システムとの連携
    こんな方におすすめ
  • 製造業のお客様全般
  • アナログな業務が多くシステム化したいけれども・・・とお悩みの方
  • 複数の営業所の使用を想定したシステム化を検討されている方
  • FileMaker プラットフォームでどのようなことが、どこまでできるのか知りたい方
8
17:00 -
18:00
ジェネラル
G-18中級 上級
FileMaker Admin API の使い方と活用方法

株式会社エミック 代表取締役 松尾 篤

FileMaker Server や FileMaker Cloud で利用できる FileMaker Admin API の使い方や活用方法について紹介します。FileMaker Admin API を利用することで、さまざまな処理を自動化したり、サーバー管理の手間を省力化することができます。この API を利用している各種ソフトウェアの紹介を通して活用場面を考察しつつ、fmsadmin コマンドでできることと比較をしながら、FileMaker Admin API が備える機能を詳しく解説します。

    このセッションで学べること
  • FileMaker Admin API の概要
  • FileMaker Admin API の使い方
  • FileMaker Admin API の活用方法
  • fmsadmin コマンドの使い方
    こんな方におすすめ
  • サーバー管理者向け
8
17:00 -
18:00
ジェネラル
G-19初級
これだけ押さえれば大丈夫! FileMaker プラットフォームのネットワーク共有

株式会社イエスウィキャン システムアドミニストレーター 部長 増冨 由到

FileMaker Pro Advanced や FileMaker Pro で作成したカスタム Appを「せっかくだからみんなでネットワーク共有しよう。」というような話になり、ある日突然開発されている方が、そのままネットワーク共有担当者に。。。というような話をよく耳にします。
本セッションでは

  • どのような方法でネットワーク共有するか?
  • 運用時の注意点は?

といったポイントを中心に押さえておかなければならない点をお伝えします。

    このセッションで学べること
  • データのネットワーク共有パターン
  • 運用方法
  • 気をつける点
  • セキュリティ
    こんな方におすすめ
  • 開発のみで運用をおこなったことがない方
  • FileMaker Server や FileMaker Cloud を触ったことがない方
  • 実際に運用しているが、ポイントを抑えたい方
9
10:00 -
10:05
メディカル
M-0
メディカルトラック 開会のご挨拶
9
10:00 -
11:00
ジェネラル
G-20中級 上級
FileMaker DevCon 2018 ボンネットの下 ダイジェスト

FileMaker, Inc. 製品開発部 品質管理グループ テストアーキテクト 青戸 暢夫

FileMaker Developer Conference 2018 にてご好評いただいた米国本社 FileMaker, Inc. のエンジニアよる Under the Hood(ボンネットの下)セッションをダイジェストとしてご紹介します。

- Under the Hood: Data Migration*
- Under the Hood: Storage and Queries
- Under the Hood: FileMaker WebDirect Scalability

*新しい FileMaker data migration tool が、FileMaker Developer Subscription の特典に FileMaker 17 プラットフォーム発売後、加わリました。このツールを使えば、大規模データセットのインポートにかかる時間を、数日から数時間へ、また数時間から数分へと短縮します。この時間節約型の新しいコマンドラインツールにより、展開済みのカスタム App をすぐに更新することができます。

    このセッションで学べること
  • ファイルのコピー、修復を行った際にデータがどの様にファイルに格納されるのか。
  • データ移行がどうして問題になるのか、そしてその際の FileMaker data Mmigration Tool の活用方法
  • FileMaker WebDirect のスケーラビリティの進化について
9
10:00 -
11:00
ジェネラル
G-21初級
FileMaker プラットフォームの紹介(はじめての FileMaker カスタム App 作成)

ファイルメーカー株式会社 法人営業部 セールスエンジニア マネージャー 森本 和明

FileMaker プラットフォームを初めて利用される方や、これから始めようと考えている方に、FileMaker プラットフォームを利用したカスタム App の作成方法を実際の操作画面で説明しながらわかりやすくご紹介します。仕事の現場で大事なデータが紙や表計算ソフトウェアに散在していてお困りではありませんか?Excelデータを FileMaker にインポートするだけで、チームで即座に共有し、モバイル端末でも活用できるようになるデモをご覧にいれます。業務を効率化するカスタム App を作成するための一歩を踏み出してみませんか?

    このセッションで学べること
  • FileMaker 製品の知識
  • カスタム App 作成の基礎
  • iPhone、iPad で動くアプリの作り方
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォームをこれから始める方
  • FileMaker プラットフォームを知らない方
  • 自社専用のシステムを導入したい方
  • 自社専用の iOS アプリを導入したい方
9
10:05 -
10:35
メディカル
M-1初級 中級 上級
当院における、がんゲノム医療を目的とした、バイオバンクシステム/遺伝子検査結果データベースの構築と運用について。

兵庫県立がんセンター 研究部・婦人科・ゲノム医療臨床試験センター 部長 須藤 保

株式会社ジュッポーワークス 取締役 卯目 俊太郎

我が国において遺伝情報に基づきがんの診断・治療を行う「がんゲノム医療」が実用化されつつあります。当院(兵庫県立がんセンター)は都道府県型がん拠点病院として、最良かつ先進的ながん医療を提供してきましたが、本年(2018年)4月より国指定のゲノム医療連携病院としてゲノム医療を実施しています。ゲノム医療を行うにあたって特に重要視されているのは、検査に供するDNA/RNAのリソースとなる検体を質高く保存・管理するバイオバンクの設置と、解析によって得られた究極の個人情報である遺伝情報を適切に管理することです。遺伝情報をバイオバンクシステム(「いつ」「どの標本(組織)から得られたものか」「現在その標本の保存状況」)と結び付けることがきわめて重要です。当セッションでは次の2点を主題に当院の取り組みをご紹介します。
1. 遺伝子検査結果データベースのあらまし
2. 遺伝子検査結果データベースと検体管理システムの融合 - 「いま」と「未来」

    このセッションで学べること
  • 「がんゲノム医療」領域における FileMaker プラットフォームの活用事例
  • 電子カルテと FileMaker プラットフォームの連携の事例
    こんな方におすすめ
  • 同領域でなんらかの仕組みを構築、または導入されようとされている方
9
10:45 -
11:15
メディカル
M-2
回復期から生活期へ繋ぐ取組み ~ FileMaker Go の活用事例 ~

医療法人 三九会 三九朗病院 リハビリテーション部 部長 作業療法士 松重 好男

i Home Care for you株式会社 深澤 真吾

当院では2014年より、FileMaker Pro の カスタム App を利用しリハビリテーション業務に活用してきました。今年度の診療点数改訂により、病院のリハビリテーション専門職と介護サービス事業所が連携し、評価を行い訓練プログラムを作成することで生活機能向上加算の算定が可能になりました。当院でも、6月より近隣の介護サービス事業所と試験的に運用を開始しました。
当院のリハビリスタッフが FileMaker Go のカスタム App を用いて iPad で評価の入力とレポート作成をおこなっています。今回、その活用事例を紹介します。

9
11:20 -
12:20
事例
C-4初級 中級 上級
無駄を省いて手間をかけることができる共感システムで顧客満足度の向上を実現

株式会社USAATO 山根 雅之

株式会社DBPowers 代表取締役 有賀 啓之

株式会社USAATO様は、丁寧な顧客対応を実現していく上で、徹底的に日常作業の1つ1つを見直しながら「無駄な」工程をみつけ改善し、そこに使われていた時間を他の工程をよりよくするために「手間」をかける時間に利用してきました。その結果、社内の業務プロセスを明確化する一方で、大切にしてきた商材と顧客とをしっかりとつなぐ工程に時間をかけることができるようになりました。また、より満足度の高い仕掛けに変換するもできました。社内、社外、国内、国外とそれぞれの環境に則した運用環境をどのように見つけ、どのように実現してきたか、を過去3年間の実施内容とともにご紹介します。

    このセッションで学べること
  • 仕様設計
  • サーバーサイド /クライドサイドなどの適切なスクリプト処理
  • FileMaker WebDirect / FileMaker Go / FileMaker Pro Advanced におけるシームレスな連携
  • 適切な利用ユーザー管理
  • FileMaker プラットフォームに留まらないシステム連携
    こんな方におすすめ
  • FileMaker Go / FileMaker WebDirect / FileMaker Pro Advanced でカスタム App の使い分けを考えている方
  • オンタイムでの連携とオンデマンドの連携との組み合わせを考えている方
  • 開発者との意識共有をしながらのシステム構築を検討している方
  • 顧客満足度をあげるシステム構成のヒントを求めている方
  • どのような FileMaker ライセンスをどのように利用したらよいか迷っている方
9
11:20 -
12:20
ジェネラル
G-22中級、上級
クラウド時代のアカウント管理(OAuth編)

株式会社イエスウィキャン システムアドミニストレーター 部長 増冨 由到

株式会社イエスウィキャン システムクリエーター 金子 愛美

クラウド時代のアカウント管理を、皆様のカスタム App に実装しませんか?FileMaker Server と FileMaker Cloud では、OAuth 2.0 を利用した外部認証でユーザアクセスが管理できます。その OAuth を利用して、皆様のカスタム App で、アカウント管理をよりセキュアな形で、実現する方法を紹介します。

  • アクティブディレクトリを使った連携(オンプレミス)
  • Azure アクティブディレクトリ OAuth 認証(クラウド)
  • カスタム App のアカウント管理のベストプラクティス(マスタ機能として FileMaker データとしてアカウントをどのように管理するのか)
    このセッションで学べること
  • アクティブディレクトリと FileMaker プラットフォームのログイン
  • OAuth(Azure)を使用したログイン
  • FileMaker Server と FileMaker Cloud での外部認証設定
  • アカウントマスタ機能の実装方法。(テーブルでのアカウント管理)
  • 復数ファイル運用時のアカウント一元管理
    こんな方におすすめ
  • カスタム App のアカウント管理とセキュリティについて知りたい方
  • OAuth の利用を考えている方
  • 復数のカスタム App のアカウントを一元管理したいと思っている方
9
11:25 -
11:55
メディカル
M-3初級 中級 上級
患者利益の視点から作成した歯科診療情報データベース

医療法人ふじわら歯科医院 藤原 夏樹

歯科診療は、悪化した虫歯・歯周病の治療中心から、進行を防いで健康維持を図るヘルスケア型にシフトしています。一方、診療室におけるデータ管理は新しい患者ニーズにフィットしているとは言えませんでした。予防歯科時代のデータ管理のキーワードは「患者の健康利益」「長期的分析」「歯科医師、患者、スタッフ間の情報共有」です。
当院では、2016年より生活習慣や全身疾患、虫歯や歯周病の検査結果、指導内容を来院毎に記録・活用する独自のシステムを開発、FileMaker Server と iPad Pro を中心に稼働しています。iPad の特徴を最大限に生かしたコミュニケーションツールとしての機能をご紹介します。

9
12:20 -
13:10
ランチョン
M-L
植込型心臓デバイス管理 ~遠隔モニタリングシステム構築~

東京山手メディカルセンター 臨床工学部 渡邉 研人

岩手県立中央病院 臨床工学技術科 山影 哲博

株式会社 ソフトクオリティ 営業技術課 課長 岡本 博行

植込型心臓デバイスの管理方法、遠隔モニタリングの活用等を現役技士の方が独自で開発されたシステムを含めてお話しいただきます。

    このセッションで学べること
  • 植込デバイスのデータベース管理
  • 植込デバイス遠隔モニタリングのデータベースへの取込
    こんな方におすすめ
  • 植込デバイス管理担当の臨床工学技士・臨床検査技師の方
  • 病院内でのシステム管理者様
9
12:40 -
13:40
ランチョン
L-8初級 中級 上級
RPAと FileMaker プラットフォームを組み合わせ、業務の自動化で、大幅なコストダウンと業務の効率化

ハートコア株式会社 代表取締役社長 神野 純孝

Mac ユーザーの皆様、RPA導入を諦めていませんか?
弊社のRPAはWindowsはもとより、Mac でも動作するマルチOSのRPAです。
FileMaker プラットフォームに、RPAを利用することで、圧倒的なコスト削減と業務効率化がはかれます。
さらに、RPAをどの部分に導入したら良いかという、見える化や、ユーザーの監査も行えるCiceroを利用することで、通常はコンサルを入れて導入をおこなうRPAが、ほぼ自動でRPA作成まで一気通貫でおこなえます。
今までの悩みが嘘のように解決できる製品をご紹介します。

    このセッションで学べること
  • 業務自動化のポイント
  • RPA導入のポイント
  • RPA導入後の運用のポイント
  • 働き方改革関連法の準拠をどうやって行くのか
    こんな方におすすめ
  • RPAを導入したい方
  • 業務を効率化をしたい方
  • コストダウンを行いたい方
  • FileMaker プラットフォームとアプリの自動化を行いたい方
9
13:30 -
14:00
メディカル
M-4初級 中級 上級
ペースメーカーの遠隔モニタリングデータと電子カルテの連携運用

三重大学医学部付属病院 臨床工学部 佐生 喬

名古屋市立大学病院 循環器内科 講師 後藤 利彦

株式会社トーチ 代表取締役 朝倉 克彦

ペースメーカーなどの心臓植込デバイスの多角的な情報を FileMaker プラットフォームにより管理します。アカウント管理下のもと、医師やメディカルスタッフが簡単に入力でき、誤入力や入力漏れを防ぐ仕組みです。心電図などの画像、PDF、文書などのファイルを全て一元管理(デジタル・アセット・マネジメント)します。
また、ペースメーカーのメーカーサーバーからダウンロードした遠隔モニタリングデータのXMLファイルから必要なデータの自動取り込みをスケジュールにて実行し、基幹の電子カルテとの連携運用にて遠隔診療に役立てます。

9
14:00 -
15:00
事例
C-5初級 中級 上級
FileMaker プラットフォームで開発・運用している基幹システムのご紹介

市場株式会社 情報システム課 リーダー 深田 尚史

パットシステムソリューションズ有限会社 代表取締役 中村 孝仁

ファイルメーカー社のお客様事例「家具メーカーの業務のすべてを担う基幹システムを FileMaker で運用(市場株式会社)」で紹介している カスタム App の開発や運用のポイントと注意点を詳しく解説します。そして、カスタム App の一部をご覧いただきます。FileMaker プラットフォーム導入済み方も、導入を検討されている方にとっても参考になるセッションになるかと思います。多くの方の参加をお待ちしております。

「家具メーカーの業務のすべてを担う基幹システムを FileMaker で運用(市場株式会社)」

    このセッションで学べること
  • 基幹システムの実際の動きが見れます
  • 基幹システムのポイント
  • 基幹システムの注意点
  • FileMaker プラットフォームの奥深さ
    こんな方におすすめ
  • FileMaker プラットフォームの導入に悩んでおられる方
  • ご自身の カスタム App をさらに拡張させたい方
  • FileMaker プラットフォームを利用する開発者のみなさん
9
14:00 -
15:00
ジェネラル
G-23中級 上級
カスタム App への RPA(Robotic Process Automation)技術の応用

株式会社ジェネコム 山本 剛史

このセッションでは、RPA(Robotic Process Automation)の FileMaker プラットフォームへの応用について紹介します。RPA(Robotic Process Automation)の基礎知識の紹介に始まり、RPA を導入可能なシーンについて一緒に考えてみましょう。そして UIPath を使ってカスタム App の動作を検証する、テストプロセス自動化のデモンストレーションを行います。RPAが変えるカスタム App 開発工程の未来を見ることができるでしょう。

    このセッションで学べること
  • RPA(Robotic Process Automation)
  • カスタム App への RPA 技術の応用
  • UIPath を使った カスタム App のオートメーション
  • RPA による カスタム App のデバッグ
  • RPA が変えるバックオフィス業務の未来
    こんな方におすすめ
  • カスタム App 開発者
  • カスタム App の利用者
9
14:10 -
14:40
メディカル
M-5初級 中級 上級
超急性期領域における FileMaker プラットフォームを用いたシステム開発とその未来

日立総合病院救急集中治療科/TXP Medical株式会社 代表取締役 園生 智弘

救急外来や集中治療室などの超急性期領域においては多忙な臨床業務の傍らで、各種の記録データや研究データを分析可能な状態で蓄積することが求められます。我々が FileMaker プラットフォームで開発したNext Stage ERシステムは、従来の電子カルテと分離した救急外来向けの部門システムで、救急外来で要求されるトリアージ、多職種情報共有、記録業務や教育業務の効率を向上させる現場視点のユーザーインターフェースを備えています。さらに主訴や病名、薬剤名などのマスタと、専門用語の辞書テーブルを介在させ、テキスト解析スクリプトを FileMaker プラットフォームで構築することにより、ユーザーが略語交じりでテキスト入力したデータに対して自動で研究や解析に適した標準化を施した上で格納します。

FileMaker プラットフォームの高い現場カスタマイズ性と安定性は、十分に業務運用に耐えるものであり、本システムは全国の複数箇所の大規模救命センター・ERに導入稼働が開始されており、救急医療における施設横断型レジストリの役割を果たしています。本システムの概要と未来構想をデモを交えてご紹介いたします。

9
14:50 -
15:20
メディカル
M-6
FileMaker プラットフォームで推進するAST抗微生物剤適正使用

労働者健康安全機構 中国労災病院 感染対策室 小西 央郎

1928年フレミングによるペニシリン発見以降抗菌薬開発の歴史は薬剤耐性AMRとの競争であったが近年新薬開発は停滞し薬剤耐性が全世界的な脅威となっている。WHOは2015年に世界行動計画「薬剤耐性に関するグローバル・アクション・プラン」を採択、加盟国に2年以内の国家行動計画策定と行動を要請した。これを受け日本は2016年AMR対策アクションプランを策定、2018年診療報酬改定で抗菌薬適正使用支援加算を追加した。同加算によりAST抗菌薬適正使用支援チームが新設されたが業務遂行に医療情報の有効活用が不可欠である。今回は医療情報システムとODBC接続をした FileMaker プラットフォームをAST業務に活用した報告を行う。

9
15:30 -
16:30
ジェネラル
G-24中級 上級
運用中のカスタム App を効率的にバージョンアップする方法

パットシステムソリューションズ有限会社 特別顧問 河村 将博

カスタム App を運用中にバージョンアップしようとして困ったことはありませんか?たとえば、

  • しっかりテストが出来ていない状態でユーザーが新機能を利用して不具合が発生した。。。
  • テスト用に作成したデータを一部削除し忘れてしまい、混乱を招いた。。。
  • 手元でしっかりとテストをした後に、最新データを取りこむ際にデータの欠落が生まれてしまった。。。
  • 全てのデータをインポートするために時間がかかり、運用をストップさせてしまった。。。

「分離モデル」という手法を用いて、これらの問題を解決します。

    このセッションで学べること
  • 「分離モデル」という概念を通して、レイアウト&スクリプトのファイルとデータのファイルを分割して開発する方法
  • 「分離モデル」を採用することによって生まれる利用者のメリット
  • 「分離モデル」を採用することによって生まれる開発者・運用管理者のメリット
  • 「分離モデル」で開発する際の留意点
    こんな方におすすめ
  • 開発者であり運用管理者である方
  • バージョンアップ時の「ドキドキハラハラ」を「ウキウキワクワク」に変えたい方
9
15:30 -
16:30
ジェネラル
G-25初級 中級
FileMaker Cloud の概要と特長

ファイルメーカー株式会社 法人営業部 セールスエンジニア 古谷 豪

FileMaker Cloud が日本でサービス開始してから1年余りが経ち、既に多くのユーザ様が活用されています。本セッションでは、FileMaker Cloud の概要、特長、利用方法などを基礎からご紹介いたします。従来のオンプレミス型のサーバ運用と比較してどのようなメリットがあるのか興味のある方や、今後 FileMaker Cloud の導入を検討される方はぜひご覧ください。

    このセッションで学べること
  • FileMaker Cloud の概要と特長
  • FileMaker Cloud と FileMaker Server の機能差分
  • FileMaker Cloud の始め方、料金の考え方
    こんな方におすすめ
  • FileMaker Cloud の詳しい情報がほしい方
  • FileMaker プラットフォーム でクラウドのメリットを活かしたいという方
  • 今後 FileMaker Cloud の導入検討を行うための情報がほしい方
9
15:40 -
16:30
スイーツ
M-S
ORCA(日医標準レセプトソフト)との連携手法

株式会社エムシス 代表取締役 秋山 幸久

機能強化された新しい FileMaker プラットフォーム は、ORCAが実装するデータ連携のための「日レセAPI」インタフェースとも親和性が高くなっています。当社が運営するANNYYSプロジェクトではユーザが簡単に日レセAPIを活用したデータ連携が実現できるツールも開発しています。敷居が高いと思われるデータ連携も具体的な手段と手順さえ掴めればあとは各自の応用次第で可能性はさらに広がります。本セッションではこの課題でお悩みの方々のために日レセAPIと FileMaker プラットフォーム との対話法(データ連携法)を解説いたします。

9
16:40 -
17:10
メディカル
M-7初級 中級 上級
FileMaker プラットフォームでここまでできる:DPC管理システム

一般財団法人津山慈風会 津山中央病院 システム室 専門部長 村上 公一

一般財団法人津山慈風会 津山中央病院 宮島 孝直

DPCを早期に確定しその適正な管理を行う事は急性期病院では喫緊の課題である。しかしその制度自体が流動的で大手オーダリングメーカーのシステムではなかなか柔軟な対応ができない。当院では FileMaker プラットフォームを使いこなす事により、柔軟でありつつしかも、基幹系会計システムや電子レセ発行とのインターフェイスを確保しているシステムを実現している。その為にはいくつかの原則とコツ、ノウハウが必要となるがその勘所を供覧した。

9
16:50 -
17:50
スペシャル
S-6初級 中級 上級
クイズで体験!FileMaker Cloud & FileMaker Go 17

ファイルメーカー株式会社 法人営業部

このセッションは、どなたでもご参加いただけます。

カンファレンス3日目の最終セッションは、FileMaker Cloud & FileMaker Go 17 を楽しみながら体験いただくクイズ形式のセッションです。虎ノ門ヒルズに因んだ簡単なクイズ、FileMaker ソフトウェアに関するクイズ、超難解な [なぞなぞ] など、早押しクイズをします。皆さんのお手持ちのインターネット接続可能な iPhone や iPad の FileMaker Go 17 からクイズに参加していただきます。
クイズに参加いただくためには、事前に FileMaker Go 17 および FMC2Go18 をダウンロードしておくことが必要です。FMC2Go18 は、提供の準備ができましたら、事前登録した方に、Eメールでおしらせします。

高得点を獲得された方にはスポンサー企業からプレゼント進呈!

9
17:20 -
17:50
メディカル
M-8初級 中級 上級
「当院における IoT ネットワークの活用。〜 FileMaker プラットフォーム で「つなぎ」「見守る」未来への挑戦〜」

社会医療法人 蘇西厚生会 松波総合病院 FMDセンター 深澤 真吾

松波総合病院 では IoT(Internet of Things)活用に、新たな無線通信技術 LPWA(Low Power Wide Area)の Sigfox ネットワークを導入しています。広域通信網を利用して院内に限らず任意の場所の温度・湿度や照度・ドアの開閉をモニタリングできます。患者様・職員に快適な環境づくりだけでなく、監視に割く人員・時間の削減など「働き方改革」にも活用できます。院内・院外をつなぐネットワークは地域の患者様を「見守る」あらたな仕組みをも可能にし、地域包括ケアシステムに有用であると考えます。

9
17:50 -
18:00
メディカル
M-9
メディカルトラック 閉会のご挨拶
9
18:00 -
19:30
スペシャル
S-5初級 中級 上級
クロージング セッション

ファイルメーカー株式会社

FileMaker Japan Excellence Award の授賞式がおこなわれます。FileMaker Business Alliance パートナーのみなさまだけでなく、一般の方々もご参加ください。

参加費無料。事前登録制。今すぐご登録!
ページトップに戻る