FileMaker Cloud に関するよくあるご質問

この一覧にないご質問については、クラリスカスタマサポートにお問い合わせください。

FileMaker Cloud は Claris International Inc. が直接提供する全く新しいクラウドサービスです。FileMaker Pro Advanced、FileMaker Go、および FileMaker WebDirect を使用してクラウド上のカスタム App にアクセスできます。

FileMaker Cloud の日本国内におけるサービス提供開始は 2020 年春を予定しています。

FileMaker Cloud は Amazon Web Services インフラストラクチャを利用します。

FileMaker Customer Console は FileMaker ID アカウント、グループ、ホスト、設定、およびサブスクリプションを管理するための Web ベースのアプリケーションです。

FileMaker ID は Claris 製品とサービスのユーザを認証するための統合されたサインオンシステムです。FileMaker ID により所有するサブスクリプションをまとめ、疑わしいサインインの試行からアカウントを保護できます。ユーザーは固有の FileMaker ID アカウントを持ち、固有のライセンスを付与されている必要があります。FileMaker ID アカウントを共有することはできません。FileMaker ID は次の言語で利用できます:日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スウェーデン語、オランダ語、スペイン語、中国語 (簡体字)、韓国語、およびポルトガル語 (ブラジル)。

FileMaker Cloud for AWS は AWS (Amazon Web Services) Marketplace で提供された第 1 世代のクラウドホスティングサービスです。FileMaker Cloud は Claris が提供する最新の Platform as a Service(PaaS)です。FileMaker Cloud for AWS は廃止になることが 2018 年 10 月に発表されました。

廃止予定の通知を見る

FileMaker Cloud は FileMaker Store、クラリス・ジャパン 法人営業窓口、または FileMaker Business Alliance パートナーから購入できます。

FileMaker Cloud は FileMaker Store を利用できる日本と中国以外のすべての国で販売されています。

FileMaker Cloud Admin Console:日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、およびスペイン語

FileMaker Customer Console:日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スウェーデン語、オランダ語、スペイン語、中国語 (簡体字)、韓国語、およびポルトガル語 (ブラジル)

FileMaker Cloud の費用は 1 ユーザ 1 か月あたり 39 米ドルです(日本円での提供価格は未定です)。サブスクリプションは年単位の支払いです。24 時間対応のサポートおよび担当のカスタマサクセスエージェント利用料(英語での対応のみ)が 1 年分含まれています。(FileMaker Cloud の日本国内におけるサービス提供開始は 2020 年春を予定しています。)99 ユーザを超える場合はクラリス・ジャパン法人営業窓口にご連絡ください。教育機関および非営利団体向けの割引もご利用いただけます。

必要なユーザサブスクリプションの数は、組織内で何人の特定の個人が FileMaker プラットフォームを使用するかによって判断してください。各ユーザは FileMaker Pro Advanced、FileMaker Go、または FileMaker WebDirect を利用して FileMaker Cloud に接続し、情報を安全にリアルタイムで共有することができます。

ユーザとは、何らかのデバイスから FileMaker プラットフォームを使用する必要がある特定の個人のことです。ユーザは、FileMaker プラットフォームを使用して iPad、iPhone、Windows、Mac、または Web でデータを表示、入力、修正するためのカスタム App を作成したり、使用したりすることができます。

購入前に FileMaker Cloud を評価したい場合は、クラリス・ジャパン 法人営業窓口にご連絡ください。

いいえ。FileMaker Cloud は Claris から直接購入できるため、BYOL は不要です。FileMaker Cloud for AWS から FileMaker Cloud へのライセンスの移行については、クラリス・ジャパン法人営業窓口にご連絡ください。

FileMaker データストレージはデータベース、外部に保存されたオブジェクトフィールドデータ、およびバックアップファイル用にクラウドで共有するストレージを提供するサービスです。

FileMaker Cloud にはライセンスユーザごとに年間 6 GB の FileMaker データストレージが付属しています。最小の 5 ユーザでの展開の場合、年間合計 30 GB の FileMaker データストレージが付属します。追加の FileMaker データストレージは FileMaker Customer Console および FileMaker Store でご購入いただけます。

FileMaker Data API は共有ファイルのデータに Web サービスからアクセスできるようにするアプリケーションプログラミングインターフェース (API) です。

OData (Open Data Protocol) はデータの照会および更新を行うための REST ベースのプロトコルで、HTTP、Atom/XML、および JSON などの標準化された技術で構築されています。

FileMaker Data API および OData のアウトバウンドのデータ転送は 1 ユーザ 1 か月あたり 2 GB です。FileMaker Web Data Connector for Tableau を使用したアウトバウンドのデータ転送もこの転送量の一部としてカウントされます。追加の FileMaker データ転送量は FileMaker Customer Console および FileMaker Store でご購入いただけます。

いいえ。

インスタンスタイプはサブスクリプションの一部として購入したユーザの数で決まります。たとえば、5 ユーザのサブスクリプションであれば、2 CPU と 4 GB RAM を備えたインスタンスです。ユーザサブスクリプションを 10 ユーザに増やした場合、2 CPU と 8 GB RAM を備えたインスタンスになります。ユーザの数を増やさずに追加のコンピューティングパワーを購入することもできます。インスタンスタイプの詳細については FileMaker Cloud の技術仕様をご覧ください。

FileMaker Cloud 2.18 と互換性があるのは、次の FileMaker 18 クライアントのみです:

FileMaker Pro 18.0.3 Advanced
FileMaker Go 18.0.3
iOS App SDK 18.0.3 を使用して作成された iOS アプリケーション
FileMaker WebDirect は FileMaker Cloud のコンポーネントであるため、FileMaker Cloud インスタンスで使用可能なバージョンのみ使用できます。

いいえ。

FileMaker Cloud はこれまでとは違う全く新しいライセンスモデルです。FileMaker Cloud は FileMaker Server とは別にライセンスされます。FileMaker Cloud では、完全にサポートされたクラウドサーバーインスタンスでソフトウェアプラットフォームとハードウェアインフラストラクチャの両方をご利用いただけます。FileMaker Cloud に移行する場合、既存の AVLA または ASLA ライセンスを保持する必要はありません。

FileMaker Server のユーザライセンスと FileMaker Cloud のユーザサブスクリプションの両方を購入する必要があります。

必要な情報のほとんどは入門ガイド(英語)でご確認いただけます。また FileMaker Cloud 移行ホワイトペーパーで追加の情報をご確認いただけます。

BYOL (ライセンスの持ち込み) を利用して FileMaker Cloud for AWS を購入した場合は移行できる可能性があります。クラリス・ジャパン 法人営業窓口に FileMaker Cloud へのライセンス移行についてお問い合わせください。

サブスクリプションを更新しない場合、FileMaker Cloud サブスクリプションの期限が切れた時点で FileMaker Cloud インスタンスの動作が停止します。猶予期間はありません。サブスクリプションの有効期限または終了から 45 日間は FileMaker Cloud にアクセスしてデータをダウンロードできます。

FileMaker Cloud は Claris International Inc. の標準製品サポートポリシーに従います。FileMaker Cloud に対して返金はできません。詳細については、製品の返品および返金に関するポリシー をお読みください。

カスタム App は FileMaker Cloud で共有されますが、お客様のデータの制御とカスタム App へのアクセスを行えるのはお客様のみです。